北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

自立を目指して料理を学ぶ 就労移行支援事業所サンライズ・ヨピト

講師に教わりながら、料理を作る利用者

 【網走】網走桂福祉会(高田巧理事長)が運営する就労移行支援事業所サンライズ・ヨピトの利用者が、市保健センターで料理を学んだ。障がい者の自立を促し、就労の一助とするのがねらい。

 同施設を利用する5人が受講した。講師は、同センター管理栄養士の岡本由紀子さんが講師を務めた。

 最初は座学で料理や栄養に関する知識を学んだ利用者は、エプロンにバンダナ姿で調理実習室へ移動した。

 この日のメニューは「スクランブルエッグのっけやきそば」。参加者は、包丁やまな板、フライパンなどが置かれた調理台に、利用者もちょっと緊張気味だったが、それでもウインナーを斜めに切ったり、玉ネギをくし切りにしたりと、岡本さんから教わりながら、料理を進めていた。

 同施設は「働きたい」という障がい者の気持ちをサポートし、一般就労を目指して就職に必要な知識やスキルを身につけるための施設。

 期間は2年間で、最初は事業所内での作業を通じ、作業スキルやビジネスマナーなどを身につける。

 これらの準備が整った人は、企業実習などでより実践的なスキルを身につけながら、就職活動を行う。

 その後、就職できた人は職業生活が円滑に行われるよう、6カ月間にわたって個別面接や職場訪問でサポートしていく。

 知的障がい者更正施設でスタートしたサンライズ・ヨピトは現在、共生型生活介護や就職定着支援、自立生活援助などのさまざまな事業所を運営。就労移行支援事業所は2012年から運営しており、ハローワークや自治体などと連携しながら事業を進めている。

 しかし、障害者雇用促進法の改正などもあり、企業側は就労移行支援の理解度が高まっている一方、障がい者やその家族にはまだまだ浸透しておらず、さらに一般社会となるとほとんど知られていないのが実情という。

 今回の料理教室は、食品関連に就職を希望する利用者もいることから開いたという。外部に依頼して講義を開くのは、これが初めてになる。

 同施設は、今回の料理教室など、さまざまな方法で利用者の就労移行支援をサポートしていくとともに、より多くの人に障がい者の就労を理解してほしいと話している。

関連記事

苫小牧民報

樽前SAにローソン 道内高速道路では初出店 苫小牧

道央自動車道樽前サービスエリア(SA)=苫小牧市錦岡=の上下線に19日、コンビニ大手ローソン(東京)が新店舗をオープンさせた。道内の高速道路では初出店となる。  同SA内で今年3月末に閉店し...

苫小牧民報

お笑い芸人の竹森巧さんら出演 あす「愛ライブ白老フェスタ」

北海道出身のお笑いコンビ「アップダウン」の竹森巧さん(46)と白老町竹浦のシンガー・ソングライター吉井さつきさん(23)の音楽イベント「愛ライブ白老フェスタ」が21日午後3時から、町本町のしらおい...

十勝毎日新聞

護衛艦「いせ」十勝港に 22日まで一般公開【広尾】

 海上自衛隊の護衛艦「いせ」が20日午前、広報活動の一環として、広尾町内の十勝港に初めて寄港した。関係者や一般住民に内部が公開され、大勢の見学者が訪れた。22日まで一般公開される。  いせは基...

十勝毎日新聞

ヤマダ陸上部 中学生指導 町内で合宿中【大樹】

 ヤマダホールディングス(HD)陸上競技部(女子中長距離)の選手が大樹町を訪れ、18日には町中央運動公園で、大樹中陸上部(岡崎昊汰部長)の生徒に特別レッスンを行った。  同部は大樹町の友好都市...

十勝毎日新聞

母校の生徒にボルダリングを 市内のジム、土日に無料開放【帯広】

 帯広市内の電信通にあるボルダリングジム「WONDER WALL(ワンダーウォール)」(市東2南5)は20日、指導者を務める前田則文さん(33)の母校の在校生と卒業生を対象に無料開放を始めた。9...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス