北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

サッカーボール募金箱完成 医療関係者を応援、高峯建設【室蘭】

パーツを手にする高橋社長と完成させた木製のサッカーボール募金箱

 室蘭・東町の高峯建設(高橋峯明社長)は、木製のサッカーボール形募金箱を作った。コロナ禍で働く医療従事者を応援したいとの思いが込められており、支援を行っている団体の募金活動に役立ててもらう予定だ。

 約40年前から木材でサッカーボールを作っていた高橋社長(77)。コロナ禍で奮闘する医療従事者の活動を見聞きし、「なにか応援できないか」と、サッカーボールを募金箱にする構想を3年ほど前に思い付いた。

 直径約30センチのボールを完成させるまで、作業は全76工程。材料の木材は、10年ほど乾燥させた松の角材を幅93ミリ×厚さ28ミリの板に加工。節の部分を避けて正六角形に切り出し、断面はボールの中心側に向けて勾配を付けて溝を彫るなど、手が込んでいる。ビスケットと呼ばれる接合材を溝にはめて組み立てるが、作業期間は約2カ月で「全て手作業」だという。

 工夫した点として、木材を全て組み立てるとできる12個の正五角形の穴に、黒色のアクリル板をはめたことでリアルなサッカーボールに近づけた。当初は透明なアクリル板だったが、工場を訪れた人の「防犯上よくないのでは」というアドバイスが功を奏した。さらに鍵を付けるなど試行錯誤を続け、実用性のある納得の募金箱に仕上がった。

 先日、登別市の商業施設「アーニス」に試験的な設置を依頼。予想を大きく上回る募金があったといい評判は上々。高橋社長は「物珍しさから目に留まり、協力してくれる人が多かったのでは」と笑顔を見せる。「室蘭や登別など、募金活動を行っている団体や組織に寄贈したい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス