北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

パナが取り組み紹介、脱炭素社会構築へセミナー 西胆振グリーン社会創造研究会【室蘭】

パナソニックグループの脱炭素に向けた取り組みを紹介する髙山さん

 西胆振グリーン社会創造研究会(藤当満代表)のセミナーが27日、室蘭市みゆき町の室蘭ユースホステルで開かれた。西胆振の脱炭素社会の構築に向け、パナソニックグループの取り組みについて理解を深めた。

 パナソニックグループは幅広い事業領域を生かし、社会の省エネ化と再生可能エネルギーの普及に取り組む「グリーンインパクト」を実施している。

 同研究会は、メンバーのパナソニックITS室蘭開発室(中島町)の協力を得てセミナーを開催した。講師はパナソニックオペレーショナルエクセレンス北海道支店(札幌市)の髙山俊宏支店長が務めた。

 髙山さんはグリーンインパクトについて、再エネ100%のパナソニック草津工場(滋賀県)では、電力の8割を純水素型燃料電池で賄い、残りの2割を太陽電池で補っているなどの取り組み事例を紹介。

 純水素型燃料電池やヒートポンプ式温水暖房機を活用し、同社が推進するグリーン水素による社会全体の脱炭素化については「中東、東南アジア、中南米、インドなど水素生成のポテンシャルが高い地域からの引き合いが強い」とした。

 脱炭素社会の実現については「水素利用が不可欠。中長期ロードマップに沿って推進すべき」とし、「日本の水素需要ポテンシャルを満たすには、コスト競争力の高い国からの輸入水素が必要。地域に合わせてコスト面まで踏み込んだ検討を」と助言していた。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス