北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

自販機の卵 売り上げ1.5倍 「新鮮な朝取り」求め【中札内】

 中札内村の道の駅なかさつないにある卵の自動販売機の売り上げが好調だ。卵はスーパーでの特売が影を潜め、価格が高止まりする中、自販機との価格差が縮小し、新鮮さを求める客が相次いでおり、この数カ月の売れ行きは前年の1.5倍程度と人気を呼んでいる。

道の駅なかさつないで自販機に卵を補充する業者

 帯広市の小売価格調査によると、鶏卵Lサイズ1パック(10個入り)の2月の平均価格(税込み)は223.8円で、前年同月比18%(34.4円)上昇。昨年10月以降、5カ月連続で200円を超す。

 同道の駅など村内3カ所で卵を自動販売機で販売している同村内の養鶏業「ジー・ピー・ファーム」(大谷正廣社長)は、Mサイズ10個220円、ジャンボサイズ20個480円など。味や品質にこだわり、独自の配合飼料で飼育している。

 ロシアによるウクライナ侵攻の影響で餌の原材料が高騰し、価格を見直さざるを得ない状況。スーパーは日によって価格を変えられるが、自販機はある程度の期間、据え置き価格で考えなければいけない。同社は「もう数十円値上げしたいところだが、他社の卵の値段が下がったときのことも考えた設定」とする。

 士幌町から同道の駅を訪れた田中秀行さん(72)は8日、Mサイズを2パック購入。「新鮮なものを買いたい。卵も高くなってきているので、同じ価格帯ならここ(自販機)を選ぶ」と話していた。

 同社によると、冬季は道の駅も閑散期となり売り上げが落ち着く。今冬は「『せっかくなら朝取れた新鮮な卵を』と考える方が増えたのでは」と推測する。

 鹿追町の北養鶏場(北真一代表)は養鶏場前の国道沿い1カ所に自販機を設置。売れ行きに大きな変化はないが、道の駅しかおいやエーコープでの小売りが伸びているという。

 ただ、飼料代がこの2年間で倍近くに上昇。他の資材も高騰しており、同場では2月に小売り向けの卸値を1キロ当たり20円値上げした。小売り価格はMS~Mサイズ10個入り280円~310円としている。

関連記事

日高報知新聞

ホースマンとして新たな一歩 育成調教技術者養成研修修了式 第41期生25人が..

 浦河町西舎の軽種馬育成調教センター(BTC)の育成調教技術者養成研修第41期の修了式が12日、うらかわ優秀ビレッジアエルで行われ、軽種馬育成技術の習得を目指し全国から集まった25人がホースマンとし...

日高報知新聞

シーズンの無事故を祈願 アポイ岳周辺施設 オープンを前に安全祈願祭【様似】

【様似】一帯がユネスコ世界ジオパークに認定されているアポイ岳(810・5㍍)と登山口のアポイ山麓ファミリーパークなど周辺施設が13日、今シーズンのオープンを迎えた。オープンを前に、町と町観光協会...

釧路新聞

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

函館新聞

箱館ハイカラ號が快走 春到来、運行開始 【函館】

 赤い外装やつり革などレトロな車内で市民や観光客から人気の函館市電「箱館ハイカラ號」の今年度運行が13日に始まった。晴れ渡った中、歴史ある建物が並ぶ西部地区などを快走した。  1910(明治...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス