北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

全国舞台へ再び前進 障害者水泳2種目「金」登別の髙野さん【登別】

これまでの活動を笑顔で振り返った髙野さん

難病と闘い「明るい話題を」

 昨年12月に開かれた第22回全国障害者スポーツ大会(栃木県)の水泳競技障害別シニアの部に出場し、2種目で金メダルを獲得した登別市鷲別町の髙野幹雄さん(73)が、難病と闘いながら再び全国舞台を目指している。「高齢でも、地域に明るい話題を届けるために頑張りたい」と話し、練習に励んでいる。

 室蘭市出身で、中学から水泳を始めた。高校卒業後に地元の港湾関係の仕事に従事したが、24歳の時に労災で左腕を失った。社会人になってからも続けていた水泳から離れることになったが、「生きていられることが幸せ」と前を向いた。

 それからは接客業と営業職に勤め、妻・京子さん(70)と笑顔を絶やさず生活してきた。左腕がなくても、冬には自宅周辺の雪かきをこなすなど人一倍活発に過ごしてきた。「体を動かせば気持ちも元気になる」と考え、老人クラブの活動などにも積極的に参加してきた。

 難病が発覚したのは43歳の頃で、C型慢性肝炎を患った。薬の副作用に侵されながら、約20年間闘病を続け、症状を抑えることができた。

 体調が回復した65歳の時、「若かった頃のように、また元気に泳ぎたい」と思い立った。週3、4回プールに通い、片腕だけでも泳げるように練習。最初は水に浮かぶだけでも苦労したが、体の使い方を工夫し、沈まないようにスピードを出す泳法を身に付けた。現在は25メートルを息継ぎなしで泳ぎ切ることができる。

 この年から、毎年9月に札幌市で開かれている北海道障がい者水泳大会に出場。レーンを泳ぐ際に、片腕だけで真っすぐ進むことが難しかったが、練習に打ち込み感覚を養った。

 この大会への連続出場回数などが評価され、2016年には全国障害者スポーツ大会に北海道選抜選手として初出場。25メートルバタフライと同背泳ぎで金メダルを獲得。昨年の大会でも同じ2種目で金メダルを手にし、「体が不自由でも、年齢を重ねていても、やろうと思えばなんでもできると証明できた」。

 現在も3カ月に1度、検査のため通院しながら水泳を楽しむ。「命が脅かされることもあったが、明るく生きてこられたからいまがある」と、満面に笑みを浮かべる。これからも病気に負けない体づくりを続けながら、努力の末に手に入れた金メダルのように人生を輝かせる。

関連記事

室蘭民報

打って投げて児童笑顔 室蘭シャークスが海陽小で野球教室【室蘭】

 社会人野球の日本製鉄室蘭シャークス(廣濱大輔監督)の野球教室が3日、海陽小学校(東町)で開かれ、同小などの児童たち約20人が選手を先生に、元気にバットを振った。  体育館で対面、笑顔を絶やさ...

室蘭民報

商業検定「7冠」達成 虻田高3年・山口蓮さん「情報系の仕事目標」【洞爺湖】

 虻田高校(千葉佳貴校長)3年の山口蓮さん(18)が、全国商業高校協会(全商)が主催する簿記や電卓など検定全9種目のうち、7種目で1級を取得する「7冠」を達成した。同校では2019年の8種目、2...

室蘭民報

力を合わせて綱引き カルルス温泉冬まつり【登別】

 カルルス温泉冬まつり(同実行委員会主催)が2日、登別市のカルルス温泉サンライバスキー場で行われた。広大なゲレンデを舞台に多彩な企画が繰り広げられ、参加者が大きな歓声を上げた。  時折強い風が...

函館新聞

女性力士、福島に集え 5月に「女だけの相撲大会」 出場者募集【福島】

 【福島】町観光協会は5月12日に開催する「北海道 女だけの相撲大会」の出場者の募集を開始した。新型コロナ禍などで中止があったため、1991年のスタートから今回が第30回の記念大会。町内外、国籍...

函館新聞

ふるさと納税返礼品にホタテガンガン焼きセット 鹿部町【鹿部】

 【鹿部】鹿部町のふるさと納税の返礼品にこのほど、ホタテの蒸し焼きが楽しめる「道産両貝ホタテ・ガンガン焼きセット」が加わった。地元特産のホタテを家庭で気軽に味わってもらうと、半斗缶に両貝ホタテが...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス