北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

遺族立ち合い可能に 苫小牧市、 コロナ感染者火葬ガイドライン見直し

苫小牧市は、新型コロナウイルス感染で死亡した人の火葬に関するガイドラインを改定した。高丘霊葬場で火葬する際、感染拡大防止の観点から遺族の立ち会いや収骨を認めていなかったが、これを原則可能にした。国の指針変更や遺族の心情を考慮して見直した。

コロナ感染で死亡した人の遺族の入館、収骨を原則可能とした高丘霊葬場

 従来のガイドライン(2020年5月策定)では、病院で死亡したコロナ感染者の遺体を納体袋に納めた後、葬祭事業者が自社施設で一時安置。火葬日時に合わせて高丘霊葬場へ移送し、他の会葬者がいない時間帯に火葬した後、霊葬場職員が収骨。事業者を通じて遺骨を遺族へ引き渡す―としていた。遺族は火葬の際、霊葬場に入れず、最後の見送りや収骨ができない状況になっていた。

 しかし、札幌市や旭川市、小樽市など遺族の収骨を認める自治体もあることから、市は昨年、ガイドラインの見直しに着手。自治体によって対応が分かれる状況や遺族心情を踏まえて国も指針を変え、今月、各自治体へ通知した。

 国の新たな指針は、適切な感染対策を取れば、遺体を包む納体袋を使う必要はなく、火葬や葬儀も通常通り行えるとする内容。収骨も可能とした。

 市は6日の通知を受けて、市医師会や苫小牧保健所などと協議し、国の指針に沿った形でガイドライン改定を決定。葬祭事業者へ連絡し、今月から運用を開始した。

 新ガイドラインでは、火葬の際、マスク着用など感染対策を徹底した上で遺族の霊葬場入館を認め、立ち会いや収骨もできるようにした。一方、感染者や疑いのある人は原則入館を不可とした。

 市環境生活課は、遺族の気持ちに寄り添う対応が大切とした上で「引き続き感染対策を徹底しながら霊葬の運営を行いたい」としている。

関連記事

室蘭民報

打って投げて児童笑顔 室蘭シャークスが海陽小で野球教室【室蘭】

 社会人野球の日本製鉄室蘭シャークス(廣濱大輔監督)の野球教室が3日、海陽小学校(東町)で開かれ、同小などの児童たち約20人が選手を先生に、元気にバットを振った。  体育館で対面、笑顔を絶やさ...

室蘭民報

商業検定「7冠」達成 虻田高3年・山口蓮さん「情報系の仕事目標」【洞爺湖】

 虻田高校(千葉佳貴校長)3年の山口蓮さん(18)が、全国商業高校協会(全商)が主催する簿記や電卓など検定全9種目のうち、7種目で1級を取得する「7冠」を達成した。同校では2019年の8種目、2...

室蘭民報

力を合わせて綱引き カルルス温泉冬まつり【登別】

 カルルス温泉冬まつり(同実行委員会主催)が2日、登別市のカルルス温泉サンライバスキー場で行われた。広大なゲレンデを舞台に多彩な企画が繰り広げられ、参加者が大きな歓声を上げた。  時折強い風が...

函館新聞

女性力士、福島に集え 5月に「女だけの相撲大会」 出場者募集【福島】

 【福島】町観光協会は5月12日に開催する「北海道 女だけの相撲大会」の出場者の募集を開始した。新型コロナ禍などで中止があったため、1991年のスタートから今回が第30回の記念大会。町内外、国籍...

函館新聞

ふるさと納税返礼品にホタテガンガン焼きセット 鹿部町【鹿部】

 【鹿部】鹿部町のふるさと納税の返礼品にこのほど、ホタテの蒸し焼きが楽しめる「道産両貝ホタテ・ガンガン焼きセット」が加わった。地元特産のホタテを家庭で気軽に味わってもらうと、半斗缶に両貝ホタテが...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス