北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

藤丸 きょう閉店 奮闘122年 中心部盛り上げ【帯広】

 道内地場資本唯一の百貨店・藤丸(帯広市、藤本長章社長)が31日に閉店する。創業から122年余り、常に帯広・十勝の中心部の核施設として地域経済をけん引してきた。近年は売り上げ減が続いており、昨夏に閉店の方針を決定。営業最後の日も売り尽くしセールや別れを惜しむ来店者らが多く訪れた。

営業最終日、閉店セールでにぎわう藤丸店内

 藤丸は1900年創業。30年に百貨店を運営。現建物は再開発事業で82年から営業。92年には145億円を売り上げたが、2000年代に入ると、大型郊外店やネット通販の台頭などで売り上げが減少、22年はピーク時の3分の1以下の45億9600万円で8期連続の赤字。昨年7月に閉店方針を出し、同8月から閉店セールを展開してきた。

 この日は開店前から150人以上が集まった。開店時には、創業120周年時に商品化した藤丸カラーのネクタイを締めた藤本社長らが「最後の日となりました。いらっしゃいませ」などと来店客を出迎えた。

 地下の揚げたてかまぼこ販売「かま栄」は行列が絶えなかったほか、買い物客限定1000人に贈呈された記念清酒も午前11時すぎになくなった。すでに品薄の売り場も多く、買い物客らは品定めしながら商品を購入していた。この日が誕生日の市内の池田絹子さん(70)は「たくさん買い物して帰りたい」と話し、藤本社長と記念撮影をしていた。

 藤本社長は「明日からは出迎えができないと思うと寂しいが、感謝の気持ちでいっぱい。きょうは皆さんと思い出をつくりたい」と話した。午後7時からは閉店セレモニーに臨む。

 現藤丸の閉店後、帯広日産自動車の親会社の村松ホールディングス(帯広市)と地方創生ベンチャー・そら(同)が昨年末に設立した新会社・藤丸株式会社(村松一樹社長)が最短で1年後、現施設を使い規模を縮小した形での営業再開を目指している。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス