北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「藤丸さん」目に焼き付け 最後の営業 店内万感【帯広】

 百貨店・藤丸が最後の日を迎えた31日、店舗前には開店前から行列ができ、開店と同時に常連客らはそれぞれの思い出を胸に店内を巡った。各フロアではそこかしこで従業員と客が感謝の言葉を交わし、帯広・十勝の象徴の復活に期待を寄せながら、別れを告げた。

来店客にあいさつする藤本長章社長

思いこめ国稀1000本贈る

 1階正面玄関入り口では、この日のレシートを持参した買い物客先着1000人に、国稀酒造(留萌管内増毛町)から寄贈を受けた「国稀」の文字入りの清酒(180ミリリットル)を贈呈した。

 開店直後から早々に買い物を済ませた客が行列をつくり、従業員が「お世話になりました」「また会いましょうね」と声を掛け、一人ひとりに手渡した。

 帯広市の門馬正さん(68)は「思い出に小説を買った。いつもは図書館で借りているけど、最後なのでね」と記念の買い物をして清酒を受け取っていた。午前11時24分に1000本目の配布を終えた。

8時すぎ一番乗り「最後の朝」写真に 市内の関口さん

 最後の日の一番乗りとなったのは、帯広市内の会社員関口昌利さん(47)。到着時にスマートフォンに残した藤丸の写真の撮影時刻は、午前8時16分だった。

 藤丸は子どもの頃から数え切れないほど訪れた場所。「デパートが帯広からなくなってしまうのが残念。特に最近のにぎわっている様子を新聞やニュースで見ると…」と悔しさをにじませた。

 初めて現店舗を訪れたとき、ガラス張りのエレベーターや、7階レストラン街の赤や青などに光る5本の曲線を描いた照明に感激した。「きょうは藤丸を目に焼き付けたい。夜にまた来ようかな」と別れを惜しんでいた。

「これからどこで」味惜しみ80人が列 地階かま栄

 食料品などを扱う地下1階フロアは開店直後から、お目当ての品々を買う人たちで混雑。中でも「かま栄」の売り場には、80人ほどが並んだ。帯広市の無職酒井孝悦さん(73)は午前9時20分に来店し、「ひら天」などを購入。「これからは札幌か小樽で買うことになってしまう。食べたい時に食べられなくなるのは寂しい」と漏らした。

 藤丸は「かま栄」の商品を求める人たちを、開店10分前から店内に誘導した。並んでいた女性(61)は「寒いので助かる。最後まで優しいのは藤丸さんらしい」と話した。

涙をこらえ笑顔 常連客との別れ 1階ジュエリー長谷川さん

 1階ジュエリー売り場「ヴァンドーム青山」では、この4月で勤続30年になる長谷川睦美さん(58)が常連客との別れを惜しみながら接客に当たった。

 帯広市の天野里美さん(54)は長谷川さんへのあいさつを兼ねて来店し、淡水パールのピアスを購入。「仕事のご褒美や節目にはいつもここでアクセサリーを購入していた。本当に寂しい」。長谷川さんは「お客さんと話すと涙が出てきてしまいますが、最後まで笑顔で接客したい」と寂しさを振り払った。

「ひな人形ここで」客の言葉に感謝

 ひな人形や五月人形約50セットが並ぶ6階の販売会場では、この日も多くの客が子や孫を思いながら品定めしていた。

 例年、五月人形は3月から販売を開始するが、今年は閉店に合わせ、ひな人形と同時に昨年12月上旬から売り場を展開。従来は大安の日や土・日曜に買う人がいる程度だったが、今年は1日1セットのペースで売れたという。子供家庭用品課の浦島行子係長は「ありがたいことに、『最後に藤丸さんで買いたい』という多くのお客さまにお越しいただいた」と感謝した。

関連記事

日高報知新聞

AreareaFCが準優勝 全道フットサル選手権大会24U―14

【新ひだか】道サッカー協会、道フットサル連盟主催の「全道フットサル選手権大会2024U―14(14歳以下)の部」が2月24、25日の両日、室蘭市の栗林商会アリーナで行われ、苫小牧地区代表として出場したサ...

日高報知新聞

二風谷小と道内3校 画像や映像のねらいは? オンラインでメディア・リテラ..

【平取】NHK札幌放送局主催の「つながる!NHKメディア・リテラシー教室」が2月22日、オンラインで行われ、二風谷小(遠山昌志校長)5年の貝澤心浩(みひろ)君と二ツ川陽菜さんが参加した。同放送局...

釧路新聞

じっくり観察 耳探し 動物園で3月3日でクイズ企画【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は3日、園内で恒例のひな祭り企画を実施し、3月3日の「耳の日」にちなんだクイズラリーなどで来場者を楽しませた。  「みみクイズラリー」は、園内4カ所で問題を出題。ペ...

釧路新聞

釧路ガス 高台に新工場建設 津波被災時の供給維持【釧路市】

 釧路ガス(釧路市寿4、両角幹彦社長)は、巨大地震・津波発生時にガス供給を継続できるよう、バックアップ施設として高台の市桜ケ岡に新工場を建設する。来年11月に稼働させる予定で、市内の主要病院に優先...

十勝毎日新聞

人形1万体 感謝し供養 音更神社【音更】

 ひな祭りに合わせて音更神社(佐々木敬宮司)で3日、古くなった人形などを供養する「お人形感謝祭」が執り行われた。  同神社は十勝管内で唯一、桃の節句に合わせて人形を供養しており、今年で32回目...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス