北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

厳冬期のアサリ漁 歯舞漁協で手掘り解禁【根室】

3年ぶりに結氷したトーサムポロ沼でのアサリ手掘り漁

 【根室】根室半島の厳寒期の風物詩となっている歯舞漁協の「アサリ手掘り漁」が30日から始まった。今年は前年より3日遅い26日の解禁だったが、氷の状態などから5日目の初出漁となり、歯舞アサリ部会(長山吉博部会長)の漁業者9人が、3年ぶりに結氷した湖面の氷と格闘しながらアサリを採取した。

 納沙布岬にほど近い最東端の漁場で、海水と真水が混ざる汽水湖のトーサムポロ沼で行うアサリ手堀り漁は、試験操業を含め1970年から行われており、コンブ漁業者の冬場の貴重な収入源。漁期は4月上旬までで、前年の資源調査の結果から漁獲許容量は19㌧に設定された。

 操業が始まった午後2時ごろの根室の気温は氷点下4度。穏やかな日和の中、10㌢ほどと氷の薄い場所で操業。防寒着を身に着けた漁業者は体重をかけたり、つるはしやチェーンソーなどを使って氷を割りながら「チリトリ」と呼ばれる漁具とくわを使って、出荷サイズの35㍉以上のアサリを採取した。

 漁業者は「氷があるので漁がやりずらく、量的にはそんなに揚がらないかもしれない。サイズは少し小さいようだ。競り値に期待している」などと話していた。大ぶりのアサリは素材の味を楽しむならみそ汁か酒蒸しがおすすめだそうで、遠くは九州まで出回っているという。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス