北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

米艦船9年ぶり入港 苫小牧港 補給で、来月3日離岸

在日米海軍のミサイル駆逐艦「ラファエル・ペラルタ」(排水トン数9217トン、全長155メートル)が30日午前、苫小牧港・西港に入港した。米艦船の入港は2014年以来9年ぶり。着岸後、苫小牧商工会議所などによる歓迎セレモニーが岸壁で行われた。一方、苫小牧港の軍港化を懸念する市民団体などが港で寄港反対の抗議の声を上げたが、大きな混乱はなかった。

苫小牧港に入港したミサイル駆逐艦「ラファエル・ペラルタ」=30日午前7時35分ごろ

 米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている同艦は同日午前7時30分ごろ、苫小牧港・西港中央北埠頭(ふとう)に接岸した。苫小牧港管理組合が岸壁付近で車両の通行を規制し、警察が周辺の警備に当たった。同艦の乗組員は319人で、入港目的は補給や休養など。2月3日に苫小牧港を離れる。

 午前11時から歓迎セレモニーが行われ、港湾管理者の岩倉博文市長は「日米両国の関係が強まれば」とあいさつ。これを受けて同艦のチャールズ・クーパー艦長は「乗組員一同、苫小牧寄港をうれしく思う」と述べた。

 同艦を巡っては、市が昨年11月に寄港情報を把握した後、非核平和都市条例に基づき、核兵器搭載の有無について外務省と在札幌米国総領事館に照会した。その後、外務省から「核兵器を搭載していないことに政府として疑いを有していない」との回答があり、停泊する岸壁も確保されたことから、市は今月19日に受け入れを表明した。

 市によると、米艦船の入港は、14年2月のミサイル駆逐艦「カーティス・ウィルバー」(8591トン)と「ジョン・S・マッケイン」(8315トン)以来。記録が残る00年以降では6隻目となった。

関連記事

十勝毎日新聞

札内に昆虫ショップ開店 「ヘラクレス」など約30種【幕別】

 幕別町札内中央町に20日、クワガタやカブトムシを販売する昆虫ショップ「HARU’S BEETLE(ハルズビートル)」がオープンした。昆虫好きが高じて会社員の傍ら開店した松田真さん(31)は、「地...

十勝毎日新聞

災害時にペット救護 町と獣医師会が協定 管内初【音更】

 音更町と音更町獣医師会(栗栖亜矢佳会長)は20日、災害時における動物救護活動に関する協定を締結した。町によると、災害時の動物救護に関する自治体と獣医師会の協定締結は十勝管内では初。  同協定は...

十勝毎日新聞

「悠久の時を感じて」 妻直子さん講演 星野道夫写真展【帯広】

 20日に帯広美術館で開幕した「写真展 星野道夫 悠久の時を旅する」の関連事業として、星野さん(故人)の妻、直子さんの講演会が同日、美術館講堂で開かれた。「悠久の時を旅する 星野道夫が見続けた風...

函館新聞

桜雲包む最北の城下町 松前さくらまつり開幕【松前】

 【松前】第76回松前さくらまつり(北海道まつまえ観光物産協会主催)が20日、松前公園で開幕した。ほぼ満開となったソメイヨシノ、徐々に花数を増やし始めた八重桜の南殿(なでん)などが美しい花を揺ら...

函館新聞

ライトアップ初日を楽しむ 函館公園と五稜郭公園で花見電飾【函館】

 函館公園と五稜郭公園で20日、ちょうちんの明かりでサクラのライトアップを楽しむ「花見電飾」が始まった。同時に火気の使用が指定エリアで可能になり、大型連休前半は見頃を迎えたソメイヨシノやしだれ桜...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス