北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

寒締めホウレンソウ【平取・日高】

【平取・日高】しわのある葉が特徴の冬の味覚「寒締めホウレンソウ」の収穫作業が、平取・日高両町で最盛期を迎えている。平取町振内町の菅原章さん(50)のビニールハウス5棟(400坪)では、昨年9月18日に種をまき、12月10日から収穫が始まった。今年は400ケース(1ケース20袋)を目標に2月20日頃まで収穫予定。

 菅原さんは、4代目の農家で今年で28年目。ホウレンソウ部会の役員理事。トマトと寒締めホウレンソウを育てている。母の隆子さん(75)姉の美和さん(51)の家族3人と研修生で作業にあたっている。

 寒締めホウレンソウは、冷気から身を守ろうと葉が縮み、養分を蓄え糖度を増す特徴を持つ。ビタミンC、カロテン、鉄、葉酸、ルテインなど体が必要とする多様な成分を含み、一見ごつごつした感じの厚みのある葉は不格好に見えるが、通常の栽培方法と比べ、栄養価が高まり食味も向上すると言われている。

 菅原さんのハウスでは、葉が花が咲いたようになる“寒味極(かんあじきわみ)”という種をまいている。茎の部分が短く管理が難しいが見た目にもきれいで消費者からは好評。菅原さんは「今年は寒さが厳しいが、気温が低い方が糖度が増す。普通のホウレンソウより灰汁(あく)が少ないので、しゃぶしゃぶや鍋物、ナムルにすると良い。えぐみも少ないのでサラダにして美味しく食べてもらいたい」と話した。

 びらとり農協営農生産部青果課の瀧直也課長は「本年度は平取・日高両町の農家45戸が作付けし、11月30日から2月末まで収穫作業が行われる。出荷量は40㌧程度を見込んでいる。両町のAコープ、コープさっぽろ(トドック)、札幌みらい中央青果に出荷する」と話した。

よく育ったホウレンソウを手にする菅原さん

関連記事

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

釧路新聞

トキシラズ初水揚げ 定置網漁、市東部漁協「今後に期待」【釧路市】

 春のサケ・マス定置網漁が解禁となり、釧路市東部漁協で24日、高級食材として知られるトキシラズ(回遊中のシロザケ)などが初水揚げされた。  釧路管内の定置網漁は21日に解禁。同漁協では同日から網...

十勝毎日新聞

危険運転トラえる! おびひろ動物園 マオ、「広報官」に任命【帯広】

 帯広署(工藤博光署長)は23日、おびひろ動物園(稲葉利行園長)のアムールトラ「マオ」(雌、13歳)を「交通死亡事故抑止広報官」に任命した。危険な運転者を「捉(トラ)」え、交通死亡事故ゼロに「トラ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス