北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

3月末で廃止のJR留萌本線石狩沼田―留萌間 駅名グッズなど人気【留萌】

JR留萌本線にちなんだグッズが並んでいるおみやげ処お勝手屋「萌」

 3月末でJR留萌本線石狩沼田―留萌間(35・7キロ)が廃止されるのを前に、留萌駅から徒歩5分ほどの留萌市栄町3丁目にあり、多彩な土産物を販売するおみやげ処お勝手屋「萌」には、鉄道ファンの来店が増えている。駅名が書かれたグッズなどを中心に買い求める姿が見受けられる。

 NPO法人留萌観光協会(対馬健一会長)が運営するお勝手屋「萌」は、留萌を訪れる観光客をもてなそう―と、留萌観光案内所として観光情報の提供、特産品やオリジナル商品の販売を行っている。

 同店では、平成28年12月の留萌本線留萌―増毛間の廃止以降、留萌本線の駅名が書かれたキーホルダーやマグネット、ポストカード、硬券切符などを販売。昨年8月、留萌本線の沿線4自治体が石狩沼田―留萌間などの廃止に合意して以降、徐々に鉄道ファンの来店が増え始めたという。

 同12月以降、同店には廃止合意を機に作られた新たなグッズが続々入荷。「思い出の留萌駅」、「ありがとう留萌本線」などの言葉と共に、かつて留萌本線を走っていた車両などの写真を載せたクリアファイルや下敷き、横断幕、ミニのぼり、缶バッジ、駅名入りのストラップやカードなどが並んでいる。

 また、市内で米などを販売する丸力笠井商店が製造し、切符風のデザインで「留萌から深川ゆき」、廃止日の「2023・3・31」と印刷された袋に入った留萌管内産米ななつぼし、ラベルに列車の写真を使った増毛町内の国稀酒造株式会社製造の日本酒も販売。包装紙に「さよなら留萌駅」と書かれたクッキー、「さよなら留萌本線」と書かれたまんじゅうも扱っている。

 同店によると、クリアファイルや下敷き、ストラップ、カードの売れ行きが良い―という。「昨年の冬と比べると、来店者が増えているように感じる。中には電話での問い合わせもあり、グッズの取り置きを依頼する人もいる」と話している。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス