北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

氷まつり 27日開幕 3年ぶり通常開催【帯広】

 帯広三大祭りの一つ「第60回おびひろ氷まつり」(帯広のまつり推進委員会主催)が27日、帯広市緑ケ丘公園で開幕する。コロナ禍の影響で3年ぶりの通常開催。十勝・帯広の厳しい冬の寒さを象徴する氷と雪の造形物や、参加型プログラムで会場を盛り上げる。

 60回の節目となる今回は、氷彫刻の世界大会で優勝した経歴を持つ日本氷彫刻会名誉師範の中村順一さん=帯広在住=による大氷壁が披露されるほか、帯広青年会議所は子どもたちに毎回人気の回転そりと迷路の近くで、まつりの歴史を振り返る写真展を開く。

 陸上自衛隊による巨大滑り台とレリーフは今年も健在。カーリングや熱気球、雪上マウンテンバイクなど、老若男女が楽しめる体験コーナーも盛りだくさん用意されている。

 ステージでは各日、NHK帯広放送局主催の「ワンワンとあそぼうショー」や「天才てれびくん スペシャルショー」、陸上自衛隊第5音楽隊コンサートなどを予定している。28日午後7時からは十勝毎日新聞社主催の花火大会もある。

 27、28日は午前10時から午後8時まで。29日は午後5時まで。詳細は公式ホームページで。

無料バス運行 厚生病院も発着

 まつり期間中、緑ケ丘公園ととかちプラザ、帯広厚生病院を結ぶ無料シャトルバスを運行する。会場周辺は混雑が予想されるため、同委員会は同病院に駐車するよう呼び掛けている。

 とかちプラザ発は27日が午後3時45分から、28、29日は午前9時45分から30分間隔で運行。同病院前発は28、29日午前9時40分から20分間隔で運行する。

 問い合わせは同委員会事務局(0155・22・8600)へ。

滑り台も準備万端 会場で引き渡し式

引き渡し式で握手を交わす大宮実行委員長(左)と安川制作隊長(右)

 陸上自衛隊が制作した巨大滑り台の引き渡し式が26日午前、まつり会場で行われた。

 安川英輝制作隊長(43)は、クロユリが彫られた氷のベンチの前で「子どもたちのために作りました。引き渡します」と力強くあいさつ。氷まつり実行委員会の大宮美紀子委員長は「全国的な寒波の中、ありがとうございました。あしたから3日間、子どもたちの笑顔を楽しめます」と感謝した。

 今年は気温が低く、雪も豊富だったため、作業は計画通り進められたという。

関連記事

室蘭民報

元気いっぱいデビュー  昭和新山熊牧場、4頭生まれる【壮瞥】

 【壮瞥】昭和新山熊牧場(壮瞥町昭和新山、岩倉光良代表取締役社長)で、今年も子グマがデビューした。つぶらな瞳に縫いぐるみのような容姿、元気よく走り回る姿が、観光客の人気を集めている。  4頭...

網走タイムズ

クジラ、海鳥を見よう 準備万端、安全第一で 今季の運航始まる あばしりネ..

 【網走】クジラやイルカ、海鳥など、多彩で豊かなオホーツクの生態系を体感できる「あばしりネイチャークルーズ」の今シーズン運航が始まった。運航前には、網走海保による同クルーズに使われる小型観光船...

十勝毎日新聞

27日 駅前で町観光オープン式 縁日や吹奏楽演奏【池田】

 池田町観光協会は、27日午前10時半からJR池田駅前噴水広場で「2024池田町観光オープン式」を開く。町内事業者らの飲食物コーナーや子ども縁日が並ぶほか、池田高校吹奏楽部の演奏、バナナ饅頭(まん...

室蘭民報

思い出、再起動 KDDIと共催、室民本社で21日まで開催【室蘭】

 古くなった携帯電話「ガラケー」に保存している過去の写真を復元する無料イベント「おもいでケータイ再起動」が19日、室蘭民報社本社(室蘭市本町)で始まった。思い出の写真と再会できた来場者から喜びの...

室蘭民報

音と映像、アイヌ語体感、27日から「イタク..

 白老町若草町のウポポイ(民族共生象徴空間)は、体験型プログラム「イタク トマリ」を27日からウポポイ内の体験学習館別館3で開始する。ウポポイ初のインスタレーションアートで音声と映像でアイヌ語を...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス