北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「ウマ娘」にホッコータルマエ登場 反響大きく「苫小牧知るきっかけに」

スマートフォンなどで遊べるゲームアプリ「ウマ娘(むすめ)プリティーダービー」に、苫小牧ゆかりの競走馬として活躍した「ホッコータルマエ」をモチーフにしたキャラクターが登場した。とまこまい観光大使にも任命されている名馬が加わったゲームの配信は10日から始まり、同アプリのファンの間で話題を呼んでいる。国内外で大人気のゲームとあり、苫小牧観光協会は「まちのPRにつながれば」と期待する。

ゲームアプリをアピールする苫小牧観光協会職員=©Cygames,Inc.

 ゲームはCygames(サイゲームス、東京)が開発し、2021年2月にアプリの配信を始めた。ゲームのプレーヤーは、実在する競走馬をモチーフとしたキャラクター「ウマ娘」をトレーニングしながら育成し、レースの勝利を目指す。ゲーム上でプレーヤーはウマ娘とコミュニケーションを取ることもできる。

 樽前山にちなんだ名前を冠したホッコータルマエは16年、日本競馬史上初のG1(最高格付け)レース10勝を果たした名馬。ゲームでは「ウマ娘」の一人として、長い三つ編みのヘアスタイルで「とまこまい観光大使」と書かれたたすきを着けて登場する。「苫小牧から参上だべ」のせりふと共に、市公式キャラクターとまチョップと共に手を広げたり、苫小牧特産のホッキ貝を食べたりする姿も楽しめる。新たに加わったキャラクターはファンの間で話題を呼び、ゲームアプリの利用者数も伸ばしている。

 16年に引退したホッコータルマエは現在、浦河町の牧場で種牡馬として余生を過ごしている。現役時代の馬主で北幸商事(市栄町)の矢部道晃社長(54)は「ゲームをきっかけに現役期を知らない世代の方にも、当時の栄光を知ってもらえば」と話す。同社は観光振興につなげてもらおうと、サイゲームス協力の下でウマ娘のキャラクターを描いた全身パネル(縦1・7メートル、横83センチ)を用意。昨年末、苫小牧観光協会と樽前山神社にそれぞれ寄贈した。

 観光協会は4日から観光案内所(市表町)にパネルを設置。11日までに延べ約200人がパネルを見ようと足を運んだ。ゲームに出てくるとまチョップのグッズも売れ行きが伸び、相乗効果に担当者は喜ぶ。林崎竹亜常務理事は「反響の多さに驚いている。市外の人が苫小牧を知ったり、訪れたりするきっかけになれば」としている。

関連記事

名寄新聞

町を体感できる客室・札幌のホテルで「下川の森」再現【下川】

 札幌エクセルホテル東急で、12日から下川町のサステナブルな魅力を体感できる宿泊プランを開始。下川町の魅力を詰め込んだ部屋を用意し、3月31日まで提供している。  下川町は、札幌東急ホテルズとS...

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...