北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

網走湖ワカサギ釣り解禁 昨年末の暖気で2日遅れ

家族連れなど、多くの人でにぎわう網走湖ワカサギ釣り

 【網走】オホーツクの冬の風物詩「網走湖のワカサギ釣り」が7日、解禁になった。昨年12月中旬の気温が高く、解禁日は平年より2日遅れたが、釣果は小型中心ながら良好。家族連れらが北国の釣りを楽しんでいる。

 穴釣りファンから「道内一」の呼び声の高い、網走湖のワカサギ釣りは毎年1月5日を解禁日と決めているが、クリスマス暖気の影響を受け、氷は解けだしていた。

 だが、年末年始に北海道を襲った強い寒波で、湖面は一気に凍り付き、7日までに安全基準とする「氷の厚さ15㌢以上」を超える20㌢に達した。

 解禁予定日にオープンできなかったのは2014年に続き5度目で、会場を運営する網走市観光協会は「安全が最優先」としている。

 2日遅れで解禁となった7日は、朝から多くの太公望が「待ってました」と会場を訪れた。

 天候は、オホーツクブルーの空が広がり、気温は正月寒波ほどではなく、風も穏やかな絶好の釣り日和となった。

 来場者は「穴開け器」で硬い氷にガリガリ、ゴリゴリという音を響かせて釣り穴を開け、糸を垂らすと、次々とワカサギを釣り上げていた。

 来場者は市内を中心に北見や弟子屈、帯広、旭川など、道内の氷穴釣りファンが中心。新型コロナの影響で、観光客は少ない。

 肝心の釣果だが、サイズは小型から中型をメーンに良好。初心者や子どもでも十分に「晩ご飯のおかず」は確保できる量を釣り上げていた。

 網走湖のワカサギ釣り遊漁料は大人800円、小学生400円。貸しさお200円、貸しいす100円などのレンタルグッズもある。穴あけからのセット料金は1800円。

 寒風をさえぎって釣りを楽しめる2―4人用のレンタルテントは2千―4千円。会場で釣りたての天ぷらを楽しめるセットは1千円などもある。

 営業時間は午前8時半から午後4時まで。

 問い合わせは網走市観光協会(☎44―5849)、ワカサギ釣り会場直通電話(☎48―2289)へ。

関連記事

室蘭民報

思い出、再起動 KDDIと共催、室民本社で21日まで開催【室蘭】

 古くなった携帯電話「ガラケー」に保存している過去の写真を復元する無料イベント「おもいでケータイ再起動」が19日、室蘭民報社本社(室蘭市本町)で始まった。思い出の写真と再会できた来場者から喜びの...

室蘭民報

音と映像、アイヌ語体感、27日から「イタク..

 白老町若草町のウポポイ(民族共生象徴空間)は、体験型プログラム「イタク トマリ」を27日からウポポイ内の体験学習館別館3で開始する。ウポポイ初のインスタレーションアートで音声と映像でアイヌ語を...

室蘭民報

手作り雑貨や菓子ずらり いろいろマーケットにぎわう【室蘭】

 手作り雑貨や菓子などを販売するイベント「第5回いろいろマーケット」(運営委主催)が14日、室蘭市中島町のFKホールディングスきらんであった。会場は買い物を楽しむ親子連れらでにぎわった。  イ...

室蘭民報

箏とフルート、心癒やす音色 アーニスで慈善コンサート、山瀬住職と大井さん..

 成田山瀧泉寺(登別市中登別町)の山瀬珠香住職と室蘭市の大井まりあさんによる異色の音楽ユニット「縁」のチャリティーコンサートが13日、登別中央ショッピングセンターアーニスで開かれた。箏(そう)と...

十勝毎日新聞

僧侶カフェで心軽くして 宮大工企画、宗派超え25日【帯広】

 十勝管内の宮大工と僧侶によるイベント「僧侶カフェ」が25日、帯広市西1南9のカフェバー・チルで開かれる。僧侶との対話を通して心が軽くなるような穏やかな時間を過ごしてもらい、仏教や寺院、僧侶を...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス