北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

渡島振興局に鏡餅展示 来年も豊作を 八雲町部会が贈呈【函館】

 渡島総合振興局は、渡島合同庁舎(函館市美原4)1階道民ホールに2022年産もち米を使った鏡餅を展示している。JA新はこだて八雲町もち米生産部会(林昌之部会長、38戸)が贈ったもので、直径35センチの二段重ね(計8キロ)。今年の農産物の豊穣を祝い、来年の豊作を祈念している。来年1月6日まで。

 渡島、桧山管内で唯一「もち米」団地を形成している八雲町をPRするため、毎年恒例の行事。八雲産のもち米「風の子もち」を使い、道南スギで作った台座に乗せ、南かやべ漁協が提供したマコンブで飾り付け。御幣(ごへい)やシダも付け、新春ムードたっぷり。

 26日に振興局で贈呈式があり、林さん(47)と横道重人組合長が、田中仁局長に鏡餅を手渡した。田中局長は「毎年ありがとうございます。季節感があって華やかさが出る。来庁者に風の子もちをPRしたい」と述べた。

 林さんは「8月の大雨や高温で生育を心配したが、平年並み以上の収量が取れた。食味も良好に仕上がった。風の子もちは冷めても硬くなりにくいのが特徴で、おこわや赤飯でもおいしく食べられる」と強調。風の子もちのイメージキャラクター「やくもっちぃ」も訪れ、PRした。

 横道組合長は「家庭で餅をつく習慣が少なくなり、インバウンド(訪日外国人)需要も回復しておらず、もち米の消費拡大に力を入れたい」と話していた。  正月の「松の内」が明けたら、餅の食べられる部分を希望する職員に配る。振興局は1月3日まで休み。午前8時45分~午後5時半。

贈呈した鏡餅を持つ(左から)横道組合長、田中局長、林部会長

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス