北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ホットビール好評 道内初サーバー導入 十字屋珈琲【函館】

 函館朝市えきに市場内のコーヒースタンド「十字屋珈琲(コーヒー)函館朝市店」は、店内に常設した道内初のホットビール用サーバーを使い、冬季限定のホットビールの販売を始め好評だ。アルコール控え目で、外国人や女性客に評判が良く、1日10~20杯が売れるという。運営する十字屋の菅原雅仁社長(52)は「朝市に人を呼び込むきっかけになれば」と話している。

 2016年6月にオープンした同店は、寒さをしのぐ外国人客の利用も多い。菅原社長は、ホットワインや甘酒など温かいアルコールを提供する構想を抱いていたが、湯をはった鍋を用意するなど手間が掛かるため踏み切れずにいた。

 ホットビール用サーバーは取引のあった小西酒造(兵庫県伊丹市)の紹介で知った。同社が精和工業所(同)に依頼し13年に開発したもので、道内の店舗で常備するのは同店が初めて。今月9日にホットビールの提供を始め、初日は完売する人気だった。

 通常のラガーや黒ビールを試したが色と味がいまひとつで、ベルギー産フルーツビール「リーフマンス」にたどり着いた。札幌から取り寄せた生ビールたるから管を通じサーバーにビールを供給、マシンの中を通ることでビールが湯で温められ、注ぎ口から50~60度のホットビールが出る。温めると香りと甘みが強くなり、酸味は変わらない。アルコール度数は3・8%。

 チェリーやラズベリーなどのフレッシュジュースをブレンドして造っており、甘酸っぱい香りが周囲に立ち込め、まろやかな味が楽しめる。1杯700円。

 サーバーは30万円かけ導入。持ち運びでき、夏は冷たいビールを出せるため、イベントなどでの活用も考えている。菅原社長は「ドイツやベルギーでは、ホットビールを飲む習慣があるが、湯せんして飲むケースがほとんどで、サーバーの利用は聞いたことがない。地元の地ビールメーカーと協力し、ホットビール用の函館オリジナルのビールを開発したり、クリスマスファンタジーのスープバーに出店したりして函館観光を盛り上げたい」と力を込める。

 営業は午前7時~午後2時。水曜定休。来年1月4日まで休み。

導入したサーバー(手前左)とホットビールを持つ菅原さん

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス