北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ホットビール好評 道内初サーバー導入 十字屋珈琲【函館】

 函館朝市えきに市場内のコーヒースタンド「十字屋珈琲(コーヒー)函館朝市店」は、店内に常設した道内初のホットビール用サーバーを使い、冬季限定のホットビールの販売を始め好評だ。アルコール控え目で、外国人や女性客に評判が良く、1日10~20杯が売れるという。運営する十字屋の菅原雅仁社長(52)は「朝市に人を呼び込むきっかけになれば」と話している。

 2016年6月にオープンした同店は、寒さをしのぐ外国人客の利用も多い。菅原社長は、ホットワインや甘酒など温かいアルコールを提供する構想を抱いていたが、湯をはった鍋を用意するなど手間が掛かるため踏み切れずにいた。

 ホットビール用サーバーは取引のあった小西酒造(兵庫県伊丹市)の紹介で知った。同社が精和工業所(同)に依頼し13年に開発したもので、道内の店舗で常備するのは同店が初めて。今月9日にホットビールの提供を始め、初日は完売する人気だった。

 通常のラガーや黒ビールを試したが色と味がいまひとつで、ベルギー産フルーツビール「リーフマンス」にたどり着いた。札幌から取り寄せた生ビールたるから管を通じサーバーにビールを供給、マシンの中を通ることでビールが湯で温められ、注ぎ口から50~60度のホットビールが出る。温めると香りと甘みが強くなり、酸味は変わらない。アルコール度数は3・8%。

 チェリーやラズベリーなどのフレッシュジュースをブレンドして造っており、甘酸っぱい香りが周囲に立ち込め、まろやかな味が楽しめる。1杯700円。

 サーバーは30万円かけ導入。持ち運びでき、夏は冷たいビールを出せるため、イベントなどでの活用も考えている。菅原社長は「ドイツやベルギーでは、ホットビールを飲む習慣があるが、湯せんして飲むケースがほとんどで、サーバーの利用は聞いたことがない。地元の地ビールメーカーと協力し、ホットビール用の函館オリジナルのビールを開発したり、クリスマスファンタジーのスープバーに出店したりして函館観光を盛り上げたい」と力を込める。

 営業は午前7時~午後2時。水曜定休。来年1月4日まで休み。

導入したサーバー(手前左)とホットビールを持つ菅原さん

関連記事

日高報知新聞

より良い町を考える 平取町小学生議会 10人が身近な課題を質問【平取】

【平取】町教委主催の平取町小学生議会が8日、町役場議事堂で行われ、町内5校の6年生から選ばれた10人の“議員”が身近な町の課題を質問した。  昨年に続き3回目の開催。  開会で松田拓美教育長は...

日高報知新聞

町内外から1万6千人来場 第28回にいかっぷふるさと祭り【新冠】

【新冠】新冠の夏のイベント「第28回にいかっぷふるさと祭り」(実行委主催)が13、14日の両日、旧JR新冠駅前広場周辺をメイン会場に開かれ、町内外から2日間で1万6千人が来場してみこし本練りや歌謡シ...

釧路新聞

「恋問海岸」演歌に 山口ひろみさん新曲披露【白糠】

 【白糠】演歌の大御所``サブちゃん、、こと、北島三郎さんの最後のまな弟子、山口ひろみさんが白糠町のロマンチックな観光スポット「恋問海岸」を歌った新曲を17日、テイチクレコードから発売。これを記念して...

釧路新聞

地域の魅力 ユーチューブで 「釧路のずんだもん」チャンネル1万人突破【釧路..

 ユーチューブで釧路をテーマに情報発信している「マルピギア釧路のずんだもん」チャンネルが6月末、登録者1万人を突破した。全チャンネルの上位3%ともいわれる難関で、チャンネルを企画運営する白糠町在住...

苫小牧民報

アイヌ文化体験ブース開設 20、21日、ポロトミンタラフェス 白老

白老町は20、21両日の午前10時~午後3時、「しらおいポロトミンタラフェスティバル2024」を町若草町のJR白老駅北観光インフォメーションセンター(ポロトミンタラ)で開く。アイヌ文化クイズ大会や...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス