北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

コロナに物価高 あえぐ年越し支え 困窮者に食品配布【帯広】

 長引くコロナ禍や物価高騰を受け、生活困窮者の厳しい状況が続いている。事態を重く見た福祉関係者らは29日、帯広市内で食品などを無料配布するイベント「年末おすそ分け会」を初めて企画。行列ができるなど約150人が集まった。専門機関には、生活や仕事に関する相談が相次いでいる。

菓子やレトルト食品などを来場者に手渡すボランティア

 イベントの主催は「あったらいいねプロジェクト」(中村千代子代表)。余り物を寄付してもらうフードドライブ事業で食料を集め、2カ月に1回、弁当の無料配布にも取り組んでいる。

 会場となった市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」では、開始から2時間ほど行列が途切れなかった。来場者はレトルト食品やカップ麺、菓子、日用品、缶詰、米、野菜などを受け取り、市内の男性(63)は「コロナの影響で掃除の仕事がなくなって困っていた。米などをもらえて本当にありがたい」と話していた。相談コーナーでは6件の相談があった。

 この日はボランティア約20人が協力。物資も数多く寄せられた。「多くの支援に感謝したい」と中村代表。「困っている人が少なくない現実を改めて実感した。私たちだけではなく、行政の支援も必要」と力を込めた。

 中村代表が理事を務める「一般社団法人あったらいいね」では現在、運営する一時保護施設で生活困窮者2人を受け入れている。同法人は「年末年始で受け入れはさらに増えそう」と見込んでいる。

 十勝総合振興局が管内在住者(帯広市を除く)を対象に設置している「とかち生活あんしんセンター」(市東4南18)では、今年度の相談件数が11月末現在で154件に上った。

 1年間では230件を超えるペースで、中島亜希子センター長は「コロナ禍がピークだった昨年度の419件や一昨年度の386件には及ばないが、コロナ前と比べると依然として多い。日常は少しずつ戻っているが“後遺症”は続いている」と話す。

 同センターによると相談は男女半々で女性はシングルマザーが多い傾向。「収入が減っている」「生活費がない」などの相談が多いという。中島センター長は「生活費に困っている人たちにとって、冬場の電気代や灯油代の値上がりは相当厳しいはず」とみている。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス