北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日刊留萌新聞

JR北海道 石狩沼田―留萌間廃止記念入場券の販売開始【留萌】

JR留萌駅で記念入場券を買い求める鉄道ファン

 JR北海道(本社・札幌市)は、JR留萌本線石狩沼田―留萌間(35・7キロ)が来年3月末で廃止することを受け、21日から留萌駅で「ありがとう留萌本線 記念入場券」の販売を始めた。初日は市内外から鉄道ファンが訪れ、7カ所の駅舎やこれまで留萌駅を発着した列車などデザインされた入場券を買い求めた。

 記念入場券は10枚1セット。石狩沼田―留萌間にある留萌、大和田、藤山、幌糠、峠下、恵比島、真布の7駅舎や、「増毛ノロッコ号」など留萌駅を発着した列車3種の写真に加え、紹介文章も記載している。いずれにも券番も書かれている。

 台紙には表紙に現在の留萌本線、裏表紙に留萌本線開通時の各略図を掲載。中面には留萌本線の四季を写した写真を載せている。1セット2千円で3千セット限定。

 当初、留萌駅では午前8時45分から販売を始める予定だったが、すでに20人以上が列をつくっていたため同8時過ぎに前倒しした。特設窓口に並んだ鉄道ファンは次々と記念入場券を買い求め、1人当たりの制限を設けていないこともあって3~4セット買う人の姿もあった。JR北海道旭川支社によると、初日は約千セット販売された。今後、なくなり次第終了する。

 函館市からJRを乗り継ぎ、前日までに留萌へ訪れていたという29歳男性は、記念入場券を2セット購入。「SNS(会員制交流サイト)のツイッターを見て、今日留萌で販売があることを知りました。各駅の写真があるし、歴史も垣間見ることができて良いですね。留萌本線には初めて載りましたが、山あいを抜けていくところが良い雰囲気だと感じました。廃止になるのは寂しいですが、時間があればまた乗りに来たいと思います」と話した。

 石狩沼田―留萌間は、7月のJR留萌本線沿線自治体会議第8回会合で、JRが石狩沼田―留萌間を今年3月末で廃止、残る深川―石狩沼田間(14・4キロ)は8年3月末まで存続後廃止する案を示した。その後、8月の第9回会合で4市町は受け入れを決めていた。

関連記事

苫小牧民報

高品質のコーヒー楽しんで グランドホテルで提供開始 婦人服店の樹梨絵 苫小牧

道内で婦人服店を展開する樹梨絵(室蘭市、井澤久司社長)は、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階フォレストコートで、スペシャルティコーヒーを提供している。ファッションになじむ商品を増やそうと1...

苫小牧民報

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

十勝毎日新聞

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目【足寄】

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

十勝毎日新聞

“大海原一望”へ浴場ガラス交換 晩成温泉 町、24年度に大改修【大樹】

 大樹町は2024年度、老朽化が進む晩成温泉(大樹町晩成)の改修を行う。屋根や外壁の修繕が中心だが、太平洋を見渡す浴場の窓ガラスを入れ替え、サウナ後に「ととのう」ためのテラスも広げる。現行の大浴場...

十勝毎日新聞

主演・中原さん、来場者とトーク 映画「おしゃべりな写真館」【帯広】

 公開中の映画「おしゃべりな写真館」で主演を務めた中原丈雄さんの「トーク&サイン会」(和ら美主催)が22日、JR帯広駅エスタ東館2階で開かれた。藤嘉行監督が司会を務め、中原さんが来場者の質問に答...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス