北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「地元産」で寄付4倍 ふるさと納税【芽室】

 芽室町の今年度ふるさと納税寄付額は計1億3050万円(11月末現在)となり、前年同期比の約2.5倍に達した。町は要因として「地元産」にこだわった返礼品150品の追加や、民間に一部を業務委託することでPR方法が工夫されたことなどを挙げる。担当する町魅力創造課は「地域の良さを知り、寄付者が『(芽室に)行ってみよう』と思うきっかけをつくりたい」としている。

「芽室仕出し」の豚丼セットと牛カルビ串。町と連携協定を結ぶ日本ハムファイターズのマスコット「B・B」が同店を訪れ、返礼品登録を促した(11月、同店で)

 町は2021年11月、「芽室町ふるさと納税改革プラン」を策定。事業者は「返礼品を通して多くの人に思いを伝える」、町民は「地域への誇りが生まれる」、寄付者は「思い入れのある地域に納税できる」、町は「基幹産業を核に観光産業が成長する」-など、制度に関わる4者それぞれがメリットを得られるよう、取り組みの方向性を示している。

 今年度の寄付額の目標は、前年度達した1億円の倍となる2億円と設定した。月別に見ると、11月は前年同期比約4倍の5197万円。民間企業に依頼し、寄付者の窓口となる「ポータルサイト」の返礼品紹介ページを刷新した6月から同2.4倍と軌道に乗り始めた。

 一方、町は「ただ寄付額を増やすことだけでなく、返礼品を通してまちの魅力を伝えていきたい」(同課)と、地元業者や芽室産を原料とした商品を扱う企業を訪問。12月には町内の「芽室仕出し」(高橋義則社長)が手掛けた豚丼セットと牛カルビ串を追加するなど、まちの雰囲気が伝わりやすい返礼品の選定に力を入れている。

 「カルビー」(東京都)のスナック菓子「じゃがピリカ」、「マルハニチロ畜産」(札幌市)のハンバーグなど、大手企業の製品も原料に芽室産を使っていることから返礼品に採用した。返礼品の登録数を積極的に加えることで今年度は377となり、20年度の2.8倍に上る。同課は「有名企業も芽室産を使っていることを発信し、地域のブランド力が高まれば」と期待する。

 また、寄付者の選択肢を増やすため、ポータルサイトは昨年度の3サイトから今年度計7サイトに。このうち利用割合が6割と一番多い「楽天ふるさと納税」では、11月下旬から今月初旬にかけ「スイートコーン」が野菜部門の人気ランキングで1位を記録。スイートコーンは旬の時期に取れたてを発送するため、現在来年分の先行予約を受け付けている。

 12月は翌年の税金控除を目掛けた「駆け込み」の寄付が増えるなど、注文が殺到する時期。同課は「新たな返礼品の登録はもちろん、在庫切れを防いで需要に応えたい」と今後に期待している。

関連記事

函館新聞

「OMO5函館」7月6日開業 星野リゾート、若松町に【函館】

 総合リゾート運営の星野リゾート(長野県軽井沢町)は、函館市若松町に都市型観光ホテル「OMO(おも)5函館by星野リゾート」を7月6日に開業すると発表した。昨年8月末で営業を終了した同町の「ホテ...

函館新聞

IMALUのグルメ甲子園に七飯町3品出品 人気投票「参加して」【七飯】

 【七飯】全国17市町村の首長らがタレントのIMALUさんに自慢の特産品をプレゼンテーションする「IMALUのグルメ甲子園」に七飯町が町産のスイーツ3品を出品した。中でも日乃出食品(緑町3)の豆...

釧路新聞

花粉ゼロの釧路 長期滞在 市が「避粉」キャンペーン【釧路市】

 スギやヒノキの花粉がない利点を冬季の長期滞在者増加につなげようと、釧路市は「花粉ゼロくしろで避粉キャンペーン」に取り組んでいる。期間中は滞在者にノベルティを配布しており、事務局の市市民協働推進課...

釧路新聞

はしご車 最後の雄姿 阿寒湖温泉で引退イベント【釧路市】

 北海道の釧路市西消防署阿寒湖温泉支署で24日、32年に渡って地域の安全を守ってきたはしご車の引退イベントが行われた。全国的に見ても珍しい重機ベースのはしご車で、同支署によると「同種の車両としては...

苫小牧民報

ものづくりに夢中 「地域宝おこし」家族連れでにぎわう 苫小牧

苫小牧発明研究会(園田政廣会長)は24日、ものづくりイベント「発明&デザイン地域宝おこし」を苫小牧市民活動センターで開いた。前身の「引力おこし」時代を含めて30回目の節目で、会員の発明品やアイデア...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス