北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「餌付けダメ」理解して 緑ケ丘公園 啓発も後絶たず【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園では、長年にわたり注意喚起を続けていながら減ることのない問題がある。「野生動物への餌付け」だ。野生動物との触れ合いは感染症への感染リスクが高まることから、公園を管理する「みどりと花のセンター」は餌付け禁止を訴えているが、「啓発や注意喚起を目にしながら、餌付けを続ける人々への対応に限界を感じている」と関係者は肩を落とす。

丁寧に殻から外したクルミを与える男性。エゾリスも警戒する様子なく男性の手から餌を食べた

 気温が氷点下の12月の朝。午前9時に同公園内の「彫刻の径(みち)」を歩いていると高確率で遭遇できるのがエゾリス、シジュウカラ、そしてそれらの野生動物に餌付けをする人たちだ。「野生動物に食べ物を与えないでください」との看板には目もくれず、動物たちを慈しみながらクルミやピーナツを木に置いたり、手渡しで餌を与えたりしている。

 彼らは多少の罪悪感を抱えながらも、「冬に餌が少なくなる動物たちのために」という使命感や、「動物と近くで触れ合い、癒やされたい」という欲求から餌付けを続けている。餌付けをする人に話を聞くと、「もう何十年も前から」行っているという。

 同センター副センター長の大熊勲さんによると、遅くとも1980年代には餌付けが始まっており、エゾリスが今ほど見られなかった当時は容認されていた時期も。環境保全に取り組む市民団体が「餌台」を設置していたこともあった。

 その動きが見直されたのは2000年代初頭、人獣共通感染症の危険性が言われ始めたからだ。野生動物との接触は、付着したダニやノミにより媒介される感染症への感染リスクがある。同公園では02年に餌台を撤去。エゾリスやその他野生動物への餌付け禁止の啓発を開始した。

 同センターは環境省が出している指針などを基に、公園管理者として園内のパトロールや看板・SNSによる注意喚起を行っており、今年は市内の全小学校に向けて啓発チラシを配布した。それでも「この3年で餌付けが増えることはあっても、減ってはいない」と大熊さん。今年も冬が近づくにつれ餌付けの光景は日常化していった。最近では他の公園利用者にやり方をレクチャーし、餌付けを“布教”し始める人や、物珍しさに立ち止まるギャラリーを喜ばせようと餌付けにやりがいを見いだす人も見受けられるという。

 大熊さんは感染症リスクの他にも「エゾリスや野鳥が人を選ばずに接近・接触してくる状況にあり、他の利用者に迷惑が掛かっている」と言い、餌付けをする人は「そういう状況に気付いていない」と指摘する。また「注意されると強く反発する人もいて、とても残念」と話す。

 「動物観察で癒やされたい気持ちは理解できるが、餌付けは決して責任ある行為ではない」と言葉を強める大熊さんだが、「餌付けをする人も根は悪い人たちではない。どうしたら分かってもらえるのか…」と今も頭を抱えている。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス