北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

国立函館病院大塚医師「若手研究者賞」受賞 ワクチン接種後の抗体価の検討【函館】

受賞の喜びを語る大塚医師

 国立函館病院(岩代望院長)呼吸器科の大塚慎也医師(31)が、11月に韓国で開かれた第26回アジア太平洋呼吸器学会で「若手研究者賞」を受賞した。同病院の職員に対して行ったワクチン接種について抗体価(ワクチン接種によって得られる抗体の量)の推移などをまとめた研究が高く評価された。大塚さんは「協力してくれた職員全員でもらった賞」と喜んでいる。  大塚さんは札幌市出身。昨年4月から同病院に勤務している。今回受賞した演題は「当院における新型コロナウイルスワクチン接種後の抗体価の検討」。若手研究者賞は39歳以下が対象。大塚さんが今回の最年少だったという。

 研究は、同病院の職員を対象にし、ワクチン接種後の抗体価と感染予防効果の推移について調べた。2回目接種の5カ月後と9カ月後を比較すると、抗体価の中央値は28%低下。3回目接種の2週間後には44倍と劇的に上昇し、3カ月後には緩やかに低下したことが分かった。

 また、2回目接種後の調査で、年齢は高齢より若い人、男性より女性の方が抗体価が高い傾向にあることなどをまとめた。

 大塚さんは大きな賞を獲得するのは初めて。「病院のみんなが協力してくれたおかげで研究できたので、多くの人に見てもらいたいということだけを考えていた。受賞は予想外だった」と話す。

 今年2月に同病院で発生したクラスターについても研究に盛り込んだ。「職員みんな苦しい思いをした。研究という形で誰かに伝えることができれば、自分たちの苦い経験がプラスに変わるのではという思いだった」と振り返る。

 また、「目の前の患者さんの対応をしっかりやった上での研究。ただ、それだけでは分からないこともあるので研究もまた重要。コロナの状況は最初の頃とはずいぶん変わっている。今後ワクチン接種をどうすればいいのかを研究したい」と抱負を語った。

 岩代院長は「臨床も研究もこなす素晴らしい医師。受賞はとてもうれしい。大学病院ではなく、地方の病院でもしっかり研究ができ、賞を取れることを示してくれた」とたたえた。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス