北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

商談成立見込み107件 振興局「大きな成果」 道南食のブランドフェア【函館】

バイヤーと商談・相談する事業者(10月)

 渡島総合振興局と桧山振興局が、10月に函館市内で開催した「道南食のブランドフェア2022」の結果がまとまった。3年ぶりに復活した商品展示会と、個別商談・相談を合わせ107件の商談成立を見込んでおり「大きな成果」(渡島総合振興局商工労働観光課)という。新型コロナウイルス禍での市場変化に対応し、道南の食産業の振興に一層力を注ぐ考え。

 商品展示会は、道南46社(うち青森県5社)が参加。商談・相談には、生産者やメーカーなど58社(うち新規18社、青森5社)が臨んだ。食関連アドバイザーや国内で活躍するバイヤーは33社52人(うち2社2人はオンライン参加)が訪れた。商談・相談は1回30分の面談を計145件行い、事業者は商品の特徴やこだわりを伝え、バイヤーから商品パッケージ改良やイベントでのPR方法などのアドバイスを受けた。

 事業者へのアンケート・聞き取りによると、商品展示会は42件の商談が成立。商談・相談は65件の商談成立を見込み、計107件の成果が出た。「アドバイザーとの有益な相談ができた」は71件に上り、同時開催した出展事業者向けセミナーは延べ49人が参加し、87%が参考になったと回答した。

 アンケートの自由記述では「商談会を経て取引先が増えた」「来年以降も続けてほしい」「バイヤーが多く来るので、2日間開催してほしい」など前向きな意見が目立った。バイヤーからは「昨年出会った事業者がアドバイスを基に試作品を持ってきたので、手伝いができたと実感」との声もあった。

 フェアは、北海道新幹線開業を見据えた道南の食ブランドに磨きを掛けるため、2009年度に始まり、今年で14年目。今年度までの来場バイヤー数は735人、参加事業者数は982社、個別商談・相談件数は4188件、商談成約件数は2742件となった。

 同課は「時流を捉え、通販・宅配、専門店のバイヤーを多くするなど、マッチングを高めるための工夫をしていることも特徴。新規の事業者、バイヤーを掘り起こし、裾野を広げていきたい」としている。

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス