北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

音別キクイモで地ビール  「釧路ブルワリー」HPで直販【釧路】

釧路地ビールののぼりも出来上がりいよいよ販売開始

 釧路市音別町の特産品として注目されている``キクイモ、、を原料にした地ビール2種を、釧路の合同会社「釧路ブルワリー」が開発に成功。今月20日ごろから釧路市内の栄屋酒店(末広町3、渡部哲大代表取締役)で業務用の販売を開始。一般向けにホームページ(HP)で直販することとなった。血糖値の上昇を抑制する効果が話題を呼んでいるキクイモが、辛党を喜ばす釧路の新しい味へと飛躍することになりそうだ。

 新しい地ビールは、同市音別町の市橋建設(川村聡史社長)の菊芋事業部から原料となるキクイモを仕入れ、ドイツ産の麦芽を使って網走ビールに製造を委託。釧路湿原の優しい緑の風をイメージした、すっきりとした味わいが特徴のケルンタイプ「くしろの風」と、世界三大夕日の街として注目されている夕焼けをイメージした大人の味わい、エールタイプの「くしろ夕焼け」の2種類を開発した。

 アルコール度数5%のビールで、初年度はそれぞれ2500本を生産。価格は1本(330㍉㍑入り)で880円。業務用の販売を担当する同酒店の渡部社長は「コロナ禍でビールの消費は伸びていなかったが、釧路をイメージする二つの地ビールが開発され、これからが楽しみだ」と期待感を膨らませている。釧路を訪れる観光客が釧路のネオン街で味わうのも良し、旅の土産に買い求めるのもまた良し。大いに話題を呼びそうだ。

 新しい地ビールのボトルのラベルは、釧路出身の若手イラストレーター北玄さんが担当。女性の辛党にも人気を呼びそうな、おしゃれなデザインに仕上がっている。

 今回の地ビールを開発した「釧路ブルワリー」では、今後は生産そのものも地元釧路で行うことを予定しており、現在は生産拠点を探している段階だという。

 新しい地ビールの一般販売はhttps//www.kushirobeer.comへ。

関連記事

苫小牧民報

厚真で田植え 日ハム北海道応援 プロジェクト

プロ野球パ・リーグの北海道日本ハムファイターズは19日、厚真町幌内の高橋農園で「ふぁい田! 北海道応援プロジェクト」の田植えを行った。町内や札幌市、苫小牧市などから30人が参加し、酒造好適米「彗星...

苫小牧民報

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

十勝毎日新聞

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

十勝毎日新聞

エゾタヌキグッズ好評 写真集50冊、ガチャ270個超 おびひろ動物園【帯..

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)で飼育しているエゾタヌキを題材にしたグッズが好評だ。初の試みとして制作した写真集は、先月27日の夏季開園から1カ月足らずで50冊以上売れている。園内...

十勝毎日新聞

米粉シフォン専門店 グルテンフリーで差別化【池田】

 米粉を使ったシフォンケーキを製造・販売する「佳き日」が池田町利別本町61ノ3にオープンした。森田大代表(44)は小麦などの穀物から生成されるたんぱく質の一種「グルテン」を摂取することで肌荒れや腹...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス