北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

寒冷地の防災を体験 「サバイバルキャンプ」 モニターツアー 厚真

厚真町観光協会と旅行会社東武トップツアーズによる寒冷地の防災とキャンプをテーマにした「サバイバルキャンプ」のモニターツアーが10、11両日、町本郷のこぶしの湯あつまで行われた。バス会社や観光団体の関係者、学生など12人が参加。火おこしや炊き出し、ロープワークなどを体験し、日々の備えや防災について学びながら交流を深めた。

着火剤を使って、実際に火をおこす参加者

 観光庁による「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」の助成を利用し、1泊2日の日程で行われた。

 初日はバスで4年前の震災で19人が犠牲になった吉野地区の被災現場などを見学した後、こぶしの湯あつま前の広場に戻って氷点下の気温をしのぐためのワークショップを実施。着火剤を使って実際に火をおこしたほか、夕食ではたき火とガスこんろで沸かした湯でレトルトカレーやインスタントのみそ汁を調理し、凍えた体を温めた。11日は朝食を取った後、ロープを使ってもやい結びなど実際のキャンプで活用できるロープワークを体験。苦戦しながらも真剣に結び方を覚えた。

 札幌大学で地域活性化について学ぶ地域共創学部3年の山田真平さん(21)は「被災したところを直接見る機会はなかなかないので勉強になった。若い世代にたくさん来てほしいし、もっと被災地を知ってほしい」と話す。同学部3年の廣島優奈さん(21)は「現場の人の話も聞いた方がいいと思って参加した。この町が好きになるきっかけになると思う」と言い、今回のプログラムについて「実際に体験してみないとできないこと。非常にためになった」と振り返った。

 今回の企画は、地域に観光客を呼び込むと同時に、胆振東部地震で震度7を観測した厚真町でのキャンプを通し、防災に理解を深めてもらおうと同協会と同社が連携して企画したモデル事業。今後、モニターツアーの成果や課題を洗い出し、寒冷地ならではの防災体験ができる事業とするため検討していく。

 同社札幌支店の鈴木美咲主任は「厚真町で万が一の備えを模擬体験ができたら。お客さんに来てもらうことを目指しており、モデル事業をフィードバックし、煮詰めていきたい」と前向きな姿勢。同協会の原祐二事務局長は「震災の経験や教訓を受けて、災害への備えなど(被災者が)学んだことを伝えていきたい」と話していた。

 

関連記事

苫小牧民報

「最も改善された空港」新千歳が1位 24年国際評価 世界ランキング49位に..

英国の航空サービスリサーチ業スカイトラックスが発表した2024年の国際空港評価「ワールド・エアポート・アワード」で、新千歳空港が「世界で最も改善された空港」と評価された。世界空港ランキングでも49...

苫小牧民報

開館以来初めて開花 サンガーデンのソテツ雄花 苫小牧

苫小牧市サンガーデン(末広町)で、10~15年に一度しか咲かないとされるソテツの雄花が開花した。黄色みがかった長細い円柱状の花と強い芳香が特徴的で、南国の雰囲気が漂う。35年前の開館以来初めての開...

十勝毎日新聞

駅舎一面の切符見納め 幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年【帯広】

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が貼...

十勝毎日新聞

99歳坂東さん ダンスに夢中 普及に思い、がん克服【音更】

 音更町に白寿(99歳)を迎えた今も、元気に社交ダンスを楽しむお年寄りがいる。坂東義博さん。背筋が伸び、年齢を感じさせない華麗なステップで女性をリードする。坂東さんは「美しい音楽を聞きながら体を動...

十勝毎日新聞

願うは黄金に波打つ稲穂 早乙女姿で田植え挑戦 途別小の伝統行事【幕別】

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童14人)で24日、伝統の田植え作業が行われた。子どもたちが泥だらけになりながら稲を植え、米作りを体験した。  途別地区は十勝の水田発祥の地の一つとされ、19...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス