北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥インフルエンザが確認されたのは道内14例目、同町内では3例目になる。

 同地区では、11月にもハシブトガラスの衰弱個体から高病原性の鳥インフルエンザが確認されており、今回は同一地区内で継続的に発生したことから、国や道の対応マニュアルに基づき、回収地区を公表した。

 今回の確認を受け、同振興局は回収地点から半径10㌔の野鳥監視重点区域内で、野鳥の大量死などがないかの監視を強化する。回収地点から半径3㌔以内に、立ち入り検査を必要とする家きん農家はないという。

 10月以降、オホーツク管内で高病原性の鳥インフルエンザが確認されたのは6例目。網走市内でも11月にオオセグロカモメの死がいから確認された鳥インフルエンザが高病原性と確認されている。

 このため、関係機関は渡り鳥の移動に伴い、鳥インフルエンザが各地に広がることを警戒。衛生管理の事故点検や消毒の徹底を家きん農場に呼びかけるほか、一般にも「養鳥場などへは、必要がない限り立ち入らないように」「衰弱したり、死んだ野鳥を見つけた場合は、素手で触らないように」などと呼びかけている。

 野鳥やそのふんに触れた場合は手洗いやうがいをする、野鳥のふんなどを踏んだ可能性がある場合は、靴底を洗う―などの対策を奨励している。

関連記事

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...

室蘭民報

「登別温泉の肌」大好評 「食塩泉源泉」94%以上配合化粧水、ホテル・旅館な..

 国内有数の名湯・登別温泉の温泉水を使った化粧水「登別温泉の肌」が完成し、今月1日から登別温泉のホテル・旅館、土産物店などで販売している。登別温泉の「食塩泉源泉」を94%以上配合した商品。発売元...

室蘭民報

23年度大規模改修へ、入江陸上競技場 2種公認の更新に向け、整備費6~7億円【..

 室蘭市教育委員会は2023年度に入江運動公園陸上競技場(入江町)の大規模な改修を行う方針を明らかにした。施設の劣化が著しく、改修を実施しなければ、日本陸上競技連盟の2種公認基準を満たすことができ...