北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

熱くトークバトル、来年のファイターズや新球場… 戦士・岩本さんと建山さん、カルチャーセンターで【伊達】

トークで会場を沸かせた岩本氏(右)と建山氏

500人参加、会場沸かす

 北海道日本ハムファイターズの元投手で、現在は野球解説者をしている岩本勉、建山義紀両氏によるトークショー「トークバトル」が15日、伊達市松ヶ枝町のだて歴史の杜カルチャーセンターで開かれた。来年のチーム成績予想や新球場などについて、持論を交えて語り合った。

 同センターの指定管理者である、伊達観光物産館公社が主催。プロ野球ファンや野球少年など、市内外から約500人が参加した。

 トークの中では北広島市の新球場について、岩本氏が問題になっているファウルゾーンについて触れた。「規則の文言の解釈で、つつかれていたのは事実」とし「安全性の確認が取れるのであれば、60フィート(約18メートル)以下でも運営できるというただし書きを作ればいいと思う。僕も規則委員会の一人なので、12月の委員会で発言しようと思う」と話した。

 建山氏は「60フィート以下はなぜだめなのかと聞くと、誰も理由を答えられない。他球団の選手からも『あれがなぜだめなんだ』という話も聞いている」と規則について疑問も。「アメリカの球場のほとんどが、話し声が聞こえるくらい観客と選手との距離が非常に近い。新球場も近い場所から試合を見られるので、観客にとってうれしいのではないか。設備も最新で、プレーできる選手がうらやましい」とも話した。

 岩本氏は「おれ、ブルペンの上に放送席作ってもらおう」と話し、会場を沸かせていた。

 伊達ブルータイガースの森谷心愛さん(12)は「面白い話をたくさん聞けて楽しかった。来年、新球場に行くのが楽しみになりました」と笑顔を見せていた。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス