北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

オソ18捕獲へ態勢確認 標茶で会議「目撃したら連絡を」【標茶】

OSO18の捕獲に向け対応を確認した会議

 【標茶】厚岸、標茶両町で放牧中の乳牛を襲ったとみられるヒグマで通称「OSO(オソ)18」の捕獲対応推進本部会議と両町における連絡調整会議が15日、標茶町コンベンションホールうぃずで行われた。これまでの調査で特徴や移動ルートが見えてきたことや降雪期を控え、足跡などで居場所を特定しやすくなることから、冬眠前後の捕獲に向けた態勢を確認した。

 会議には道と両町役場、農協、猟友会の担当者や関係者30人が出席した。両町では2019年7月から22年8月まで、65頭の乳牛が死傷し、体毛などのDNA鑑定から大半がOSO18によるものと見られている。

 会議では今年の対策と対応、成果について報告した。6月からは、これまでの目撃情報などに基づき両町内にヘア・トラップや自動撮影カメラ、箱わなを設置。近影の撮影に成功したほか、2カ所で体毛を採取し、DNA鑑定でOSO18と判明した。9月には、移動ルート沿いにデントコーン畑が点在していたことからドローンによる状況調査で痕跡を認めたものの、わずかな差で捕獲に至らなかった。一方、厚岸の町営牧場は電気柵の設置や放牧地の変更などの防除策が功を奏し、被害がなかったことが示された。

 調査や捕獲などを担当する特別対策班のNPO法人南知床・ヒグマ情報センターの藤本靖理事長は、これまでの調査や痕跡などからOSO18について「前足の大きさは16~17㌢で体重は季節で変化し230~320㌔、体長は約2㍍で推定10歳前後の一般的な体格の雄。頭部は金毛で胴体は黒褐色、後ろ足上部に2本の傷があるのが特徴」。「完全に牛を狙っていて獲物への執着心も強い。人の気配に敏感な上、これまでは被害現場に人が多く入ったことで警戒され、次の被害現場に人為的に移動させてしまった」と指摘。今季は少数で捕獲に当たるなど対策を講じるとした。

 同会議は今後、重点監視区域を4カ所に絞り、目撃情報を収集し居場所を特定するとともに、冬眠前後の捕獲を目指すとした。藤本理事長は「積雪から冬眠までの約10日間が年内最大のチャンス。周囲の協力を得てなんとか捕獲したい」と述べ、足跡や道路を横断するヒグマを目撃した場合は、町役場などに連絡してほしいと呼び掛けた。

関連記事

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

釧路新聞

トキシラズ初水揚げ 定置網漁、市東部漁協「今後に期待」【釧路市】

 春のサケ・マス定置網漁が解禁となり、釧路市東部漁協で24日、高級食材として知られるトキシラズ(回遊中のシロザケ)などが初水揚げされた。  釧路管内の定置網漁は21日に解禁。同漁協では同日から網...

十勝毎日新聞

危険運転トラえる! おびひろ動物園 マオ、「広報官」に任命【帯広】

 帯広署(工藤博光署長)は23日、おびひろ動物園(稲葉利行園長)のアムールトラ「マオ」(雌、13歳)を「交通死亡事故抑止広報官」に任命した。危険な運転者を「捉(トラ)」え、交通死亡事故ゼロに「トラ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス