北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

「さぬきうどん」今月末で閉店 釧路で約40年 歴史に幕【釧路】

「多くの人に支えられた」と約40年の営業を振り返る、安貞さん(左)とミヨ子さん

 約40年の間、釧路の中心歓楽街で酔客などに愛されてきた「さぬきうどん」(栄町4、灘万ビル1階)が、31日に閉店することとなった。店主の近藤安貞さん(86)は「本当に長い間、多くの人に支えられてここまでこれた。いろいろなことがあったが、とても楽しく営業することができた。関わってくれたすべての人に感謝したい」と笑顔で語る。

 同店は1983年、妻のミヨ子さん(81)と、現在の場所で営業を始めた。開店時は昼から深夜までの営業としていたが、飲んだ帰りに訪れる顧客が多かったことから、夜から深夜のみの営業とし、夫婦二人三脚で店を切り盛りしてきた。

 近藤さん夫婦は同店を始める前、安貞さんの実家でもある「近藤製麺所」を引き継ぎ、釧路市の飲食店を中心にうどんやそば、ラーメンなどの麺の販売や食堂も開いていた。しかし、オイルショックなどの影響もあり経営が悪化し、店を閉めることに。その後、安貞さんが市内のすし屋でアルバイトをしていた時、知人から「店をやってみないか」と声を掛けられ、小さなころから自ら手打ちし、味にも自信があった、うどん一本で勝負したいと決め、同店の営業を始めたという。

 今回閉店することにしたのは、昨年ミヨ子さんが交通事故に遭い、体に無理をかけられなくなったことや、元気なうちにゆっくり旅行に行きたいことなどから決めたという。二人はこれまでの営業を振り返り「店の真ん中で寝てしまう人や、ケンカを始める人。苦労することもあったが、この商売でしか経験することのできない、楽しい日々だった」と語る。

 現在、店には閉店を知った常連客らが訪れ、最後のうどんを味わっているほか、近藤さん夫婦との思い出話を語らっている。最終日の31日までは開店時間を3時間早め、午後5時から午前2時まで休まず営業を続ける予定で、安貞さんは「店を閉めるのは寂しい気持ちもあるが、最後までしっかり仕事を全うしたい」、ミヨ子さんは「常連さんはもちろん、多くの人に感謝を伝えたいので、最後に足を運んでくれたら」と話している。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス