北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

市内最後の1基、本通の「タコ遊具」新しく 函館市が検討【函館】

本通第1号児童公園にある市内最後の1基となったタコの形をした遊具

 函館市は、本通第1号児童公園(本通2)にある市内最後の1基となったタコの形をした大型遊具について、地域住民の声を受け、タコの形の遊具のまま新しくする方向で検討している。長年親しまれてきた遊具は一度撤去され、同様の遊具が設置されることになりそうだ。

 同公園の「タコ遊具」は1980年に設置された。公園は遊具が由来となって地域の子どもたちから「タコ公園」とも呼ばれている。ただ、設置から40年以上が経過し、コンクリートがひび割れたり、はがれたりして老朽化が著しい状態だ。

 市内では富岡中央公園と日吉児童公園にも同じようなタイプのタコ遊具があったが、老朽化や安全上の観点からすでに撤去されている。

 本通が市内で最後の1基となったことから、市公園河川整備課は地域住民の意見を公園整備に反映させるため、今月ウェブを利用したアンケート調査を実施した。「タコ遊具を同様の遊具として更新する」か「複合遊具として更新する」かの二択で意見を聞いたところ、100件以上の回答が集まり、8割近くが「タコ遊具を同様の遊具として更新する」だった。

 アンケートの結果を受け、市は現在と同じような遊具を新しく設置する方向で検討を開始。工事の時期などは未定だが、同課は「地域住民の声を尊重したい」としている。

 市の方針に公園利用者からは歓迎の声が上がった。息子2人を連れて公園を訪れていた本通1の久慈綾乃さん(31)は「校区内で子どもたちに一番人気があり、親しまれている公園。タコの遊具も子どもたちに人気があるので、残した方がいいと思う」と話す。また、函館大谷高校1年の古谷俊貴さん(16)は「タコの遊具は公園のシンボル。自分も気に入っているので、タコの遊具のまま残るとしたらうれしい」と喜んだ。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス