北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

マイクロプラごみ調査へ 苫小牧市博物館友の会 海岸への漂着 来年度から

海の生態系に甚大な影響を及ぼす5ミリ以下の「マイクロプラスチック」ごみの現状を確かめるため、苫小牧市博物館友の会(宮本知治会長)がモニタリング調査に乗りだした。苫小牧の海岸にどのような種類のマイクロプラスチックごみが漂着しているのかを長期的に調査したい考えで、来年度から同会でメンバーを募り、本格的に着手する。

マイクロプラスチックごみの調査方法を学ぶ友の会役員

 マイクロプラスチックは、海や川に流出したプラスチックが波の力や紫外線によって劣化し、砕かれ細かくなることで発生する。有害化学物質を吸着する性質があるため、それを摂取した海洋生物への影響が懸念されている。同会は、市民や次世代を担う子どもたちにマイクロプラスチックごみについて深く考えてもらおう―と調査に取り組むことにした。

 同会の役員で市美術博物館の元館長の荒川忠宏さん(69)=地形学専門=は昨年、さまざまな論文や報告書を基に調査方法を研究し、市汐見町のふるさと海岸や樽前海岸、錦多峰海岸など9カ所で事前調査を実施。今月17日には来年度からの活動に向けて、友の会の役員3人に、ふるさと海岸で約1時間、方法や目的を伝えた。

 調査方法はまず、満潮線の砂の上に25センチ四方の方形枠を置き砂を採取。それをバケツに入れて海水で攪拌(かくはん)し、浮いてきたものを網ですくってプラスチックを取り、乾燥させる。その後、採集月日や場所などを記載したラベルを付けて保存する。3人は、荒川さんの指示に従いながら作業に当たり、どのように行えば効率的か、意見を交換した。

 荒川さんは「どんなものがどこに漂着しているのか変化を見ていきたいので、5年間、最低市内3カ所でデータを集めていきたい」とし、「まずは現状を知ることが大事」と語る。データ収集後の分析については今後、同会で話し合うという。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス