北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

フィンランド発祥のニュースポーツ「モルック」 十勝初大会【中札内】

 フィンランド発祥のニュースポーツ「モルック」の十勝初大会が10日、中札内村の札内川園地キャンプ場(南札内713)で開かれる。モルックの文化を広めようと、同キャンプ場の指定管理者「AOILO(あおいろ)」(梶山智大代表)が「第1回あおいろモルックカップ」として企画した。同社企画・広報の高橋伸行さんは「運動が苦手でも、年齢に関係なく楽しめる。ぜひ挑戦して」と参加を呼び掛けている。

モルックの練習に励む「十勝あおいろモルックの会」のメンバー

 モルックは二つ以上のチームで、点数の記された木製のピンに木の棒を投げ合い、倒れたピンの点数が50点ちょうどになるまで競い合う。ルールがシンプルで、子どもから大人まで一緒にプレーできるのが特徴。

 芸能人の世界大会出場などで国内でも認知され、一般社団法人「日本モルック協会」(函館市)が登録する公認・友好団体は計約150団体。AOILOはスタッフ10人のチーム「十勝あおいろモルックの会」が、競技の楽しさを地域に広めることを目的にした友好団体として十勝で唯一登録された。道内の公認・友好団体は同会を合わせ8団体。

 同キャンプ場では、7~8月に練習会を開くなど、普及活動に力を入れてきた。第1回大会は同会の友好団体登録を記念して開催する。時間は午後2時~同4時。1チーム2、3人で、4チームのトーナメント。参加料は1チーム500円。9日までに同キャンプ場に電話(0155・69・4378)で申し込む。小雨決行。当日は時間までにキャンプ場の日高山脈山岳センターに集合し、ルール説明などを受ける。優勝チームにはAOILOキッチンのローストチキンが贈られる。

 2024年には、モルック世界大会が函館市で開かれることが決定した。10月にも十勝あおいろモルックの会が公認団体となり、公式大会を主催できる見通し。高橋さんは「スタッフチームで目指すは函館大会出場」と意気込み、梶山代表は「大会を主催するなら、レベルの高いチームを目指したい。札内川園地で、たくさんの人にモルックを楽しんでもらいたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

道内初空港キャンプ 親子楽しむ 航空機見学、滑走路散策も【帯広】

 とかち帯広空港をフィールドにしたキャンプイベント「手ぶらキャンプ」が24、25の両日開かれた。道内の空港では初の試み。参加した道内の親子5組が航空機を見学したり、空港敷地内にテントを張って夕食に...

十勝毎日新聞

秋ほくほくメークイン 詰め放題に列 JA大正まつり【帯広】

 「第44回帯広大正メークインまつり」(JA帯広大正主催)が23日午前9時から、帯広市内の大正ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨となったが、多くの人が訪れ、目玉のメークイン詰め放題には長い行列が...

十勝毎日新聞

ウマ娘コラボ盛況 グッズ販売、撮影に列 ばんえい十勝【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)が、人気コンテンツ「ウマ娘プリティーダービー」とコラボしたイベントが17日から、帯広競馬場で始まった。初日は「限定うちわ」を待つファン500人が、開門前から列をなした...

十勝毎日新聞

秋サケつかみ取り びしょぬれで奮闘 「柏林公園まつり」【大樹】

 3連休中日の18日、大樹町内で「柏林公園まつり」(町、町観光協会主催)が開かれ、家族連れらでにぎわった。  役場に隣接する柏林公園を会場に催される秋の恒例行事。飲食・くじ引きなどの売店が並ん...

釧路新聞

釧路空港で来月2日そらフェス 滑走路ラン、模型やヘリ展示【釧路】

 たんちょう釧路空港「空の日」イベント「そらフェス」が10月2日、同空港敷地内で3年ぶりに開催される。初めて行う前夜イベント「航空灯火イルミネーション」や当日早朝開催の「釧路空港ランウェイジョギ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス