北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

厚岸大橋 歴史に触れ歩く 開通50周年祝い町民ら参加【厚岸】

記念タオルを首に掛け港の景色を眺めながら橋を渡る参加者

 【厚岸】厚岸大橋開通50周年を祝う「厚岸大橋を歩こう」が4日、同橋で行われ、町内外の154人が初秋の潮風を受け橋を歩いて渡った。

 厚岸大橋は1972年9月、道内初の海上橋として供用開始。延長456・5㍍の赤色の橋は、町の南北を結ぶ町の象徴として地域住民や来町者に親しまれている。

 開会式では、50年を祝う記念タオルが配られた。参加者は湖南側の橋のたもとに移動後、記念横断幕と若狭靖町長を先頭に湖北側に向かって出発。大橋完成を祝し72年に制作された「厚岸音頭」が流れる中、参加者は踊りながら歩いたり両側に広がる景色を眺め、仲間や家族と撮影を楽しみながら笑顔で渡りきっていた。

 ウオーキングは、町の記念事業で町民に公募した「厚岸大橋のねがいごと」の一つで、高橋麻奈美さん(50)の発案。「採用されるとは思わず驚いた。橋への関心が高まるとうれしい」と話した。町内在住で親子で参加した稲葉美由樹さん(57)、善太さん(15)は「景色が良く、漁船が通った跡の波がきれいで気持ちよく歩くことができた」と笑顔を見せた。若狭町長は、大橋完成までの地域の思いや苦労を知る一人。「50年前、橋ができて町が一つになったことを思い出し、目頭が熱くなった。今日の町の発展は大橋のおかげ。今後も厚岸のため、町民と共に頑張りたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

道内初空港キャンプ 親子楽しむ 航空機見学、滑走路散策も【帯広】

 とかち帯広空港をフィールドにしたキャンプイベント「手ぶらキャンプ」が24、25の両日開かれた。道内の空港では初の試み。参加した道内の親子5組が航空機を見学したり、空港敷地内にテントを張って夕食に...

十勝毎日新聞

秋ほくほくメークイン 詰め放題に列 JA大正まつり【帯広】

 「第44回帯広大正メークインまつり」(JA帯広大正主催)が23日午前9時から、帯広市内の大正ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨となったが、多くの人が訪れ、目玉のメークイン詰め放題には長い行列が...

十勝毎日新聞

ウマ娘コラボ盛況 グッズ販売、撮影に列 ばんえい十勝【帯広】

 ばんえい十勝(帯広市主催)が、人気コンテンツ「ウマ娘プリティーダービー」とコラボしたイベントが17日から、帯広競馬場で始まった。初日は「限定うちわ」を待つファン500人が、開門前から列をなした...

十勝毎日新聞

秋サケつかみ取り びしょぬれで奮闘 「柏林公園まつり」【大樹】

 3連休中日の18日、大樹町内で「柏林公園まつり」(町、町観光協会主催)が開かれ、家族連れらでにぎわった。  役場に隣接する柏林公園を会場に催される秋の恒例行事。飲食・くじ引きなどの売店が並ん...

釧路新聞

釧路空港で来月2日そらフェス 滑走路ラン、模型やヘリ展示【釧路】

 たんちょう釧路空港「空の日」イベント「そらフェス」が10月2日、同空港敷地内で3年ぶりに開催される。初めて行う前夜イベント「航空灯火イルミネーション」や当日早朝開催の「釧路空港ランウェイジョギ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス