北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

シネマアイリスにサントリー地域文化賞「市民の協力に感謝」【函館】

佐藤泰志原作映画のポスターを手に、サントリー地域文化賞の受賞を喜ぶ菅原代表(中央)

 公益財団法人サントリー文化財団(大阪)は30日、函館市のミニシアター「市民映画館シネマアイリス」(菅原和博代表)を、第44回「サントリー地域文化賞」に選んだと発表した。函館市役所で受賞会見が行われ、菅原代表(66)は「市民のみなさまの協力のおかげで映画館運営と映画作りを続けてきたことが評価された。これを励みに今後も活動にまい進していきたい」と喜んだ。

 同賞は同財団(鳥井信吾理事長)が1979年に制定。地域文化の発展に貢献した団体・個人を毎年全国から5件を選び顕彰している。今年受賞したのはシネマアイリスのほか、香川県丸亀市の「丸亀市猪熊源一郎現代美術館」など。函館市からの選出は2019年の「函館西部地区バル街」以来5件目。

 シネマアイリスは、市民からの寄付により1996年に開館し、現在も市民ボランティアに支えられながら映画上映を行っている。また2010年には函館出身の作家、佐藤泰志(1949~90年)原作の映画「海炭市叙景」を制作。以後、オール函館ロケで佐藤原作映画を計5作品完成させている。

 会見で同財団の柴田昌子さんが受賞に至った経緯を紹介。「地方のミニシアター閉館が相次ぐ中、シネマアイリスは市民とともに映画の企画・制作を行うことで独自の道を切り開いてきた。佐藤泰志原作の映画はいずれも国内外で高い評価を得て、これまで絶版になっていた小説も復刊されるなど、映画によってよみがえった稀有な例。市民の手によって地方文化を盛り上げた功績が高く評価された」と話した。またサントリー北海道営業部の石津慎一郎企画部長は「函館からはこれまでもバル街や野外劇が同賞に選ばれていて、地域住民の文化への関わりの深さがうかがえる」と述べた。

 菅原代表は「コロナ禍で厳しい活動状況が続く中、今回の受賞は大変うれしい。2008年にボランティアスタッフから薦められ佐藤作品と出会った時は、一本でも映画化できればいいと思っていたが、多くのみなさんの協力のおかげで5作品も制作することができた。次回作についても構想中なので、今回の受賞が大きな後押しになる。今後も佐藤作品の映画化をライフワークとして前進し続けたい」と意欲を見せていた。

 贈呈式は10月14日に大阪で開催。受賞団体には正賞として楯(たて)が、副賞として300万円が贈呈される。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス