北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地球に優しいカレー開発 ナチュラル輪おびひろ【帯広】

 人にも環境にも優しい「エシカル」な給食の普及を目指して活動するナチュラル輪おびひろ(中山三香代表)は、オリジナルレシピの第1弾として、帯広市内のレストラン「ペニーレーン」と共同で「エシカルカレー」を開発した。9月11日に帯広市内のとかちプラザで開かれる「北海道オーガニックヴィレッジ大収穫祭」で販売する。中山代表は「多くの人に食と環境について考えるきっかけになってほしい」と話す。

エシカルカレーを開発したナチュラル輪おびひろの(前列左から)鈴木育未副代表、中山代表、田頭望都副代表。後列左からペニーレーンの田頭照美さん、田頭淳一代表

 エシカルは「倫理的な」の意味。人や社会、環境に配慮した消費行動がエシカル消費と呼ばれることから、地産地消や環境保全型農業など環境や未来の子どもたちに思いをはせた食材を使用する給食を「エシカル給食」とする。

 ナチュラル輪おびひろでは「理想の給食プロジェクト」と銘打ち、今年5月から応援サポーターでもあるペニーレーンの田頭淳一代表、妻の照美さんとともにレシピを試作してきた。

 エシカルカレーの野菜は全て有機で、十勝産のジャガイモやニンジン、ズッキーニ、トマト、タマネギなどの味を生かした。飼料にこだわった鶏肉、十勝産大豆やとかちマッシュも入り、米は道産ななつぼしと有機十六穀米を使用する。メンバーの子どもたちによる試食を繰り返し、最も喜ばれた味に決めた。

 家庭でも取り入れやすいことからカレーとし、学校給食と同様、食材費は300円以内とした。希望者にはレシピを公開する。

 来月のオーガニック大収穫祭は、全ての食材がオーガニックであることが条件のため、鶏肉を大豆ミートに変えて「エシカルカレー弁当」として販売する。50食限定、1食800円。会場では子どもたちにアンケートも実施する。

 中山代表は「子どもたちの『おいしい』が地球に『優しい』、地域に『うれしい』につながれば。素直な声を聞かせてほしい」と呼び掛ける。理想の給食プロジェクトの詳細はナチュラル輪おびひろのホームページで。

<ナチュラル輪おびひろ>
 7年前に十勝に移住した中山代表(39)が昨年3月に発足。より良い給食に向けて行政との協働を目指し、子どもたちの健やかな成長につなげようと各地で展開される「ナチュラルスクールランチアクション」(NSLA)の活動に共感し、北海道拠点を立ち上げた。飲食店や民間企業など130団体以上が応援サポーターとして名を連ねる。

関連記事

十勝毎日新聞

SL風キッチンバス登場 堀部産業「から揚げ」販売へ【幕別】

 堀部産業(幕別町忠類、堀部好隆社長)が、マイクロバスをSL機関車風に改装したユニークなキッチンバスを導入した。10月1日からテキサス本店(帯広市西20南2)前を拠点に営業を開始し、車内で調理...

十勝毎日新聞

新そば堪能 3年ぶり祭り【新得】

 新得町の秋の味覚を味わう第19回しんとく新そば祭り(実行委主催)が25日、町保健福祉センターなごみ前駐車場で開かれた。コロナ禍で3年ぶりの開催。感染拡大防止のため、時間帯別に入場者数に定員を設...

十勝毎日新聞

沖縄グルメ 藤丸に一堂 27日まで「うまいもの」第2弾【帯広】

 国内の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」の第2弾が22日、藤丸7階催し物会場で始まった。第2弾は「沖縄本土復帰50周年祭」と銘打ち、沖縄を中心に全国の特産品が並び、来場者が買い物を楽し...

十勝毎日新聞

鹿追町長チョウザメ食べてPR 北の屋台でフェア【帯広】

 高級食材「キャビア」で有名なチョウザメの身を味わう「蝶鮫祭(チョウザメフェア)」が、帯広市内の北の屋台(杉山輝子理事長、全20店)で行われている。10月1日まで。  フェアは今回が初開催。北...

十勝毎日新聞

「うまいもの」求め行列 全国45店20日まで 藤丸【帯広】

 全国各地の秋の味覚を集めた「第77回全国うまいもの大会」が15日、帯広市内の藤丸7階催し物会場で開幕した。各地の名産を求める多くの買い物客でにぎわっている。20日まで。  全国23都道府県...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス