北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

多様な福祉活動知って 町社協 ふくしるカフェ開く 白老

白老町社会福祉協議会は17日、既成枠にとらわれない福祉活動に町内で取り組んでいる実践者から話を聞く「ふくしるカフェ」を町総合保健福祉センターで開催した。町民が地域での多様な福祉活動に理解を深められるように初めて開き、25人前後が参加。ゲスト3人が語る活動内容に聞き入った。

コミュニティナースや臨床宗教師が実践報告した「ふくしるカフェ」

 赤い羽根共同募金助成金事業の一環で、町高齢者クラブ連合会共催。

 ゲストは、町民の健康づくりを支援するコミュニティナース(コミナス)の須貝夢乃さん(26)と川田幸香さん(38)、僧侶で臨床宗教師の米本智昭さん(39)。いずれも先進的な取り組みだが活動歴が浅く、町内に浸透していないことから町民に知ってもらう場としてカフェを企画した。

 コミナスは、住民が集まる場所へ出向いて健康相談などに対応する医療人材。須貝さんは札幌市内で看護師として働きながら、休日などに町内を訪れ、町民の健康チェックなどをしている。「活動はコミナスによって違い、正解がないので楽しさも難しさもある。多くの人たちに存在や活動の意義を知ってもらいたい」と訴えた。川田さんは白老町のほか苫小牧市でも活動。「(コミナスの活動を)『楽しそう』と思う町民がいたら、その感情に働き掛け、介護予防や認知症、女性支援に関わる人を増やしていきたい」と話した。

 米本さんが務める臨床宗教師は、被災地や地域社会、医療機関、福祉施設などで人々の心のケアに当たる宗教者。2011年の東日本大震災を契機に学識者や宗教者らで超宗派の会合を持ち、18年に一般社団法人日本臨床宗教師会(東京)が発足し、資格認定制度が創設された。自身は毎月2~5人、町民や近隣住民の相談を受けており「家族間でも『こころの問題』に対する偏見は根強い。気軽に心の悩みを打ち明けられる人間関係を増やし、住民の『こころの安全』につなげたい」と語った。

 活動報告後は、懇親会が開かれ、参加者は3人の活動にさらに理解を深めた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス