北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

湿原マラソン、久々熱気 3年ぶりにランナー疾走【釧路】

今年の最高気温となった釧路を駆けるランナーたち(30㌔)

 第50回釧路湿原マラソン(釧路市など主催)が7月31日、釧路市民陸上競技場を発着とするコースで3年ぶりに開催された。節目となった今回は2292人が出走。晴れ間が広がり、釧路には似合わない30度を超える過酷なコンディションの中、選手らは懸命に走り、己の限界に挑戦した。

 いまだ予断を許さないコロナ禍にあり、前回大会(2019年)と比べて出走者数は896人減少したが、開催を待ちわびた市民ランナーの熱い走りや沿道に詰め掛けた観客らが拍手でエールを送るなど、活気であふれた。

 競技は午前6時の30㌔ウオークから始まり、同9時30分からは30㌔、15㌔ウオーク、3㌔、10㌔の順にスタート。競技場内に設置されていた温度計は3㌔や10㌔の走者が続々とゴールしてくる同10時30分頃には33・8度。30㌔の先頭集団が帰って来る同11時30分頃には35・4度の〝猛暑〟にまで上昇、体調不良を訴える人が相次いだ。

 11年から参加している川内優輝選手(あいおいニッセイ同和損害保険)は今年もゲストランナーとして男子30㌔に参戦。7月初旬にけがをしたため、最後尾から足の調子を見ながら走り出すと、涼しい顔を見せながら1時間49分35秒でゴールした。アイスホッケークラブチーム「ひがし北海道クレインズ」の監督や選手らも3㌔の部に出場し、大会を盛り上げた。

 さらに、第31回IAU100㌔世界選手権(8月27日、ベルリン)に日本代表選手として出場する藤澤舞選手(札幌エクセルAC)も女子30㌔に一般で出場し、1時間58分21秒で初の湿原の地を駆け抜けた。「たまに暑い日があると聞いたので覚悟していたが、ここまで上がるとは。とてもきつかった」と苦笑いを浮かべるも「世界選手権に向けていい刺激が入った」と満足げな表情で語った。

関連記事

十勝毎日新聞

「ドリカムの日」チケット販売 ワイン城や十観連でも【池田】

 「池田ワイン城50周年感謝祭×DREAMS COME TRUE35周年 ドリカムとドリカムの日」(7月6、7日)まで1カ月余りとなった。各種プレイガイドでチケットを販売中で、6月1日からはワイン...

室蘭民報

私の運勢どうかな… ヌプで占いに列..

 西胆振3市の占い師が一堂に会する第2回「占と食」が26日、登別市登別港町にある観光交流センターヌプルで開かれた。来場した市民らは、占いやリラクゼーションを体験、さまざまな飲食も楽しんだ。  ...

十勝毎日新聞

まき割り「楽しい」 初の木育イベント ニッタの森【幕別】

 十勝管内の山林の管理や原木販売などを行う北海道ニッタ(幕別、勝山安久社長)が主催する、木育イベント「森っとひろば」が25日、JR幕別駅そばの「ニッタの森」で開かれ、森に関するイベントを楽しむ多...

釧路新聞

花やステージ満喫 チューリップ&花フェア【釧路市】

 釧路の遅い春を楽しむ花の祭典「第50回くしろチューリップ&花フェア」(同実行委主催)が25日、釧路市内の鶴ケ岱公園で始まった。爽やかな春風の中多くの市民が花とグルメ、ステージイベントを楽しんだ。...

室蘭民報

音楽と温泉のコラボ満喫 カルルス文化祭「ジャズと民謡」【登別】

 カルルス温泉文化祭「ジャズと民謡」(同実行委員会主催)が19日、登別市カルルス町のカルルス温泉鈴木旅館で開かれた。昼と夜の部で計100人が参加し、多彩な音楽と温泉のコラボレーションを楽しんだ。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス