北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

アイヌ舞踊に手拍子 とかちプラザで交流会【帯広】

交流会でアイヌ民族の古式舞踊を披露する保存会のメンバー

 帯広市アイヌ生活文化展実行委員会(笹村昭義委員長)が主催する「アイヌ文化交流会」が30日、帯広市内のとかちプラザ・1階アトリウムで始まった。31日午後4時までアイヌ民族の伝統工芸品の展示を行い、アイヌ文様の刺しゅう体験などを実施した。

 同交流会はアイヌ民族の文化に触れてもらおうと、2010年から国連で定めた8月9日の「世界の先住民の国際デー」に合わせて毎年実施しており、今回で13回目となる。

 初日は午後1時からオープニングセレモニーを行い、約50人の来場客が参加した。笹村委員長が「このような機会を通じて、少しでもアイヌ民族の歴史について考えていただければ」とあいさつ。来賓の池原佳一副市長が「市としても、素晴らしいアイヌ文化に理解を深めてもらうため、情報発信に努めたい」と話した。

 その後、帯広カムイトウウポポ保存会(酒井奈々子会長)の12人がアイヌ古式舞踊を披露した。アイヌ民族伝統の楽器「ムックリ」の演奏から始まり、「立ち上がって大いに踊りましょう」という意味の「ウタリオプンパレ」など5曲を舞った。来場客たちはリズムに合わせて自然と手拍子を送っていた。

 家族で訪れた市内の会社員、佐々木優さん(38)は「何度かアイヌ民族の古式舞踊は拝見しているが、いつ見てもその曲一つ一つにある情景が浮かんでくる」と感動した様子で、「これからも文化に触れていきたい」と話した。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス