北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

AIスーツケースが道案内 新千歳で実証実験 視覚障害者を誘導

日本科学未来館(東京、浅川智恵子館長)は29日、視覚障害者を目的地まで自動誘導するナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験を新千歳空港で行った。国内の空港では初めての取り組みで、全盲の浅川館長によるデモンストレーションと道内の視覚障害者3人の体験を通し、実用化に向けた課題を洗い出した。

AIスーツケースのデモを行う浅川館長(中央)と牧島デジタル相(左)

 AI(人工知能)スーツケースは米国IT業IBMの技術者最高職、IBMフェローでもある浅川館長が考案。海外出張も多い浅川館長が2017年ごろから、「スーツケースが自動で道案内してくれたら」と、客員教授を務めていたカーネギーメロン大で研究。19年から日本IBM、オムロンなど5社(現在4社)によるコンソーシアム(共同事業体)で開発し、21年から未来館も開発や実験を進めている。

 同ロボットは、視覚障害者が自然にまちの中に溶け込んで歩けるよう、機内持ち込みサイズのスーツケース型にし、重さ15キロほどで障害者を自走誘導する。搭載されたセンサーで周りの障害物を把握し、ハンドルの振動で危険や進行方向を伝える。位置情報システムで目的地などのルート設定、周辺施設の確認などを可能にし、スピーカーでお店紹介などの音声案内もしてくれる。

 この日は国内線ターミナルビル2階で実証実験。浅川館長自らデモンストレーションを行い、目的地を土産店に設定して往復約300メートルを歩いた。利用客や報道関係者らでごった返し、ロボットが危険を察知してたびたび止まる場面も。目的地前ではロボットがしっかりと方向転換して知らせたが、思ったような速度ではなかなか歩けず約15分かかった。

 道内の視覚障害者3人がロボットを手に、センタープラザ周辺の土産物店を巡る実証実験を展開。浅川館長は「原点ともいえる空港でユーザーを招いて実験できた」と喜びつつ「社会実装には高度な技術が必要」と説明。「ロボットを止めないでスムーズに動かし続けることは大きなチャレンジ。きょうのデータは現場でなければ得られない。シミュレーションして改善したい」と話していた。

関連記事

苫小牧民報

厚南中で震災学習プログラム 防災ゲーム「HUG」体験 厚真

厚真町の厚南中学校(石崎和昌校長)は1日、防災学習の一環で、町観光協会が提供する「震災学習プログラム」を行った。生徒約30人と教職員がグループに分かれ、防災ゲーム「HUG(ハグ)」を通して避難所運...

苫小牧民報

非核条例を考える全国の集い 苫小牧で 10日にオンラインで初開催

苫小牧市の市民グループ「非核平和都市条例」を考える会(斉藤けい子代表)は10日、オンラインのワークショップ「非核条例を考える全国の集い」を初開催する。苫小牧は道内で唯一、非核平和に特化した条例を持...

十勝毎日新聞

空への関心 舞いあがれ! 航空大学校帯広分校 朝ドラに登場【帯広】

 放送中のNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」は現在、女優の福原遥さん演じるヒロイン岩倉舞らが「航空学校帯広校」でフライト訓練に励む様子が描かれ、十勝の雄大な景色やなじみのある地名が登場している。...

十勝毎日新聞

秋サケ4年ぶり100万匹超 取引単価も上昇【十勝】

 道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場(恵庭市)によると、十勝を含む「えりも以東西部地区」の今年の秋サケ来遊量は11月20日時点で、109万1000匹となった。昨年の実績より68.6%増え、...

十勝毎日新聞

冬も楽しい!動物園 開園スタート【帯広】

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の冬季開園が3日始まった。冬の寒さを生き抜く動物たちの姿を見ようと、親子連れなどが続々と来園した。  1カ月ぶりの再開となったこの日は、午前11時に開園し、シロ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス