北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

AIスーツケースが道案内 新千歳で実証実験 視覚障害者を誘導

日本科学未来館(東京、浅川智恵子館長)は29日、視覚障害者を目的地まで自動誘導するナビゲーションロボット「AIスーツケース」の実証実験を新千歳空港で行った。国内の空港では初めての取り組みで、全盲の浅川館長によるデモンストレーションと道内の視覚障害者3人の体験を通し、実用化に向けた課題を洗い出した。

AIスーツケースのデモを行う浅川館長(中央)と牧島デジタル相(左)

 AI(人工知能)スーツケースは米国IT業IBMの技術者最高職、IBMフェローでもある浅川館長が考案。海外出張も多い浅川館長が2017年ごろから、「スーツケースが自動で道案内してくれたら」と、客員教授を務めていたカーネギーメロン大で研究。19年から日本IBM、オムロンなど5社(現在4社)によるコンソーシアム(共同事業体)で開発し、21年から未来館も開発や実験を進めている。

 同ロボットは、視覚障害者が自然にまちの中に溶け込んで歩けるよう、機内持ち込みサイズのスーツケース型にし、重さ15キロほどで障害者を自走誘導する。搭載されたセンサーで周りの障害物を把握し、ハンドルの振動で危険や進行方向を伝える。位置情報システムで目的地などのルート設定、周辺施設の確認などを可能にし、スピーカーでお店紹介などの音声案内もしてくれる。

 この日は国内線ターミナルビル2階で実証実験。浅川館長自らデモンストレーションを行い、目的地を土産店に設定して往復約300メートルを歩いた。利用客や報道関係者らでごった返し、ロボットが危険を察知してたびたび止まる場面も。目的地前ではロボットがしっかりと方向転換して知らせたが、思ったような速度ではなかなか歩けず約15分かかった。

 道内の視覚障害者3人がロボットを手に、センタープラザ周辺の土産物店を巡る実証実験を展開。浅川館長は「原点ともいえる空港でユーザーを招いて実験できた」と喜びつつ「社会実装には高度な技術が必要」と説明。「ロボットを止めないでスムーズに動かし続けることは大きなチャレンジ。きょうのデータは現場でなければ得られない。シミュレーションして改善したい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

主体的・対話的で深い学び【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(木田理博所長)は25日、2023年度研究発表大会を開催した。研究主題「〝主体的・対話的で深い学び〟の視点を取り入れた授業改善」を研究所員・協力員が取り組んできた...

日高報知新聞

「妻と一緒に食べるのが楽しみ」【様似】

【様似】町保健福祉課が主催する「健康長寿 男性料理教室」が25日、様似町保健福祉センターきらくで開かれた。参加した4人の男性は、栄養士考案の野菜をふんだんに使った健康メニュー3品を楽しみながら調理し...

釧路新聞

返礼品「鮭いくら醤油漬け」最高位 女性誌「ESSE」主催グランプリ【別海..

 【別海】町のふるさと納税返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」が、女性誌「ESSE(エッセ)」が主催する「ESSEふるさとグランプリ2022」で、全国21自治体の32品目中、最高位の総合グラン...

釧路新聞

パイプ接合、ジョイント部品開発 星野さん特許取得【釧路町】

【釧路町】町わらびの自営業、星野一(かず)十(と)さん(71)が、パイプの接合作業を1人でできるようになるジョイント部品を開発し、このほど特許を取得した。「けがなくスムーズな作業につながれば」と...

室蘭民報

「拠点化」に期待、来場500人 市民会館で洋上風力フォーラム【室蘭】

「技術や知見生かして」「漁業との共存共生を」  室蘭洋上風力関連事業推進協議会(MOPA)主催の「室蘭洋上風力フォーラム2023」が26日、輪西町の市民会館で開かれた。MOPA会員や洋上風力の関...