北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

高速道路の役割を紹介【浦河】

 日高のみちとくらしを考える会(米谷友光会長)の「日高自動車道パネル展」が浦河町役場で8月31日まで開かれている。日高自動車道が地域に果たす役割についてパネルで紹介している。

 日高道自動車道は、北海道縦貫自動車道苫小牧東ICから分岐し、苫小牧から浦河に至る延長約120㌔㍍の自動車専用道。札幌市や苫小牧市などの主要都市と日高地域を結ぶ高速交通ネットワークを形成し、高次医療機能の整う札幌・苫小牧への救急搬送の速達性・確実性の向上をはじめ、競走馬の安全輸送や新冠町産ピーマン、浦河町・様似町産の夏いちごの安定供給、鮮魚の迅速な輸送など地域産業への貢献、災害時の国道区間の代替機能、観光入込、交流人口の増加を支援するなど多くの効果を発揮している。

 パネル展は、現在、整備が進む厚賀静内道路のうち、厚賀IC~新冠IC(仮称)に至る延長9・1㌔㍍の区間が2025年度に開通を予定していることと、静内IC(仮称)~東静内IC(仮称)間が事業化したことを踏まえ、事業周知と開通に向けた地域の機運醸成を図ることを目的に実施した。

 浦河町役場1階ロビーには、日高自動車道の事業概要や工事状況をはじめ、観光、医療、産業などそれぞれの分野における事業効果を紹介する9枚のパネルを設置。来庁者らが足を止め、熱心にパネルに目を通しながら事業への理解を深めていた。

 同会の米谷友光会長は「日高自動車道が浦河まで整備されれば、経済効果や生活の利便性が向上することは間違いない。パネル展で多くの町民に地域の未来を担う日高自動車道について知ってもらいたい」と話している。

 同会では、今後、新ひだか町役場でのパネル展の開催も検討している。

浦河町役場で開かれている日高自動車道パネル展

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス