北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

道産チーズ 食べて発信 12月フェス、催し充実【帯広】

 道産チーズの魅力を伝える「北海道チーズフェス2022」が12月4日、帯広市内の北海道ホテル(西7南19)で開かれる。当日に合わせて、管内のチーズ工房を巡るツアーなどさまざまなイベントを予定。チーズファンの裾野を広げていく。

 北海道チーズフェス実行委員会(事務局・グリーンストーリープラス)が主催し、昨年に続き2回目。昨年は自宅で楽しむ50種類の道産チーズの食べ比べや、チーズの美しい盛り付けを競うコンテストをオンライン上で開催した。

 今年は観光庁の補助事業の採択を受けて規模を拡大し、複数のメニューを行う。メインの「C1グランプリ」は、道内チーズ工房のチーズを食べ比べて投票し、グランプリを選ぶ。試食・投票は12月の会場で行うほか、7月から開設している専用サイトから試食用のカットチーズを定期購入して参加できる。

 また、「テーブルチーズフォトコンテスト」(仮)では、チーズの盛り付けや料理写真を募る。12月のイベント前後には、帯広市内の北の屋台でチーズ料理を楽しむ企画や、オリジナルチーズ作りのワークショップ、チーズ工房を巡るツアーも予定している。

 同委員会は「来道者を増やし、全国・世界のチーズファンを魅了する事業に育てたい」としている。

食べ比べセット販売 C1グランプリ

C1グランプリ用のカットチーズがセットになった定期便商品

 北海道チーズフェス実行委員会は7月から、「C1グランプリ」で投票できるチーズセットをオンライン上で販売している。

 産直ネット通販大手の「ポケットマルシェ」(運営・雨風太陽)と協力。同社の「にっぽんのチーズ定期便」を購入すると、定期便の商品とは別に、C1グランプリ用のカットチーズが毎月付いてくる。

 8月郵送分から参加すると、11月まで40種類前後の食べ比べができる予定。販売価格は1カ月当たり2900円(送料別)。イベントの概要・申し込みは専用サイトから行う。問い合わせは事務局(tokachi.cheese@gmail.com)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

冷凍パンでもふんわり トカトカがとかちむらに自販機【帯広】

 片原商店(上士幌町、星憲一社長)が営むパン店「トカトカ」は、帯広競馬場内のとかちむら(市西13南8)に冷凍パンの自動販売機を設置した。十勝ナイタイ和牛を使ったカレーパン(350円)など約10...

十勝毎日新聞

ボージョレ解禁 お高め 円安やブドウ収量減影響【十勝・池田】

 フランス東部ブルゴーニュ地方のボージョレ地区でその年に収穫されたブドウから造られる新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の販売が、17日午前0時に解禁された。十勝管内の酒店などでも早速、店頭販売され...

十勝毎日新聞

上級茶葉使用プリン2種 老舗河野園、初のスイーツ【帯広】

 帯広の老舗茶屋「茶の河野園」(本店・帯広市西3南8、柳澤秀一社長)が、抹茶とほうじ茶の茶葉を使った生プリンを開発した。スイーツの開発は同店初で、柳澤社長は「日本茶との相性が良いプリンを開発した。...

十勝毎日新聞

チーズ料理で乾杯 北の屋台全20店で提供【帯広】

 「チーズの日」に合わせて11日、帯広市内の北の屋台(帯広市西1南10)全20店で「バルホッピング」が始まった。カマンベールチーズを使った各店のオリジナル料理が堪能できる。  北海道チーズフ...

十勝毎日新聞

浦幌産白花豆でスナック開発 「波瀾万丈」で提供へ【帯広】

 浦幌町産の白花豆を知ってもらおうと、JAうらほろと管理栄養士を目指す学生がコラボして考えたスナック菓子風の一品が、帯広市西1南10のそば居酒屋波瀾万丈で期間限定のメニューとして採用されることにな...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス