北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

道産チーズ 食べて発信 12月フェス、催し充実【帯広】

 道産チーズの魅力を伝える「北海道チーズフェス2022」が12月4日、帯広市内の北海道ホテル(西7南19)で開かれる。当日に合わせて、管内のチーズ工房を巡るツアーなどさまざまなイベントを予定。チーズファンの裾野を広げていく。

 北海道チーズフェス実行委員会(事務局・グリーンストーリープラス)が主催し、昨年に続き2回目。昨年は自宅で楽しむ50種類の道産チーズの食べ比べや、チーズの美しい盛り付けを競うコンテストをオンライン上で開催した。

 今年は観光庁の補助事業の採択を受けて規模を拡大し、複数のメニューを行う。メインの「C1グランプリ」は、道内チーズ工房のチーズを食べ比べて投票し、グランプリを選ぶ。試食・投票は12月の会場で行うほか、7月から開設している専用サイトから試食用のカットチーズを定期購入して参加できる。

 また、「テーブルチーズフォトコンテスト」(仮)では、チーズの盛り付けや料理写真を募る。12月のイベント前後には、帯広市内の北の屋台でチーズ料理を楽しむ企画や、オリジナルチーズ作りのワークショップ、チーズ工房を巡るツアーも予定している。

 同委員会は「来道者を増やし、全国・世界のチーズファンを魅了する事業に育てたい」としている。

食べ比べセット販売 C1グランプリ

C1グランプリ用のカットチーズがセットになった定期便商品

 北海道チーズフェス実行委員会は7月から、「C1グランプリ」で投票できるチーズセットをオンライン上で販売している。

 産直ネット通販大手の「ポケットマルシェ」(運営・雨風太陽)と協力。同社の「にっぽんのチーズ定期便」を購入すると、定期便の商品とは別に、C1グランプリ用のカットチーズが毎月付いてくる。

 8月郵送分から参加すると、11月まで40種類前後の食べ比べができる予定。販売価格は1カ月当たり2900円(送料別)。イベントの概要・申し込みは専用サイトから行う。問い合わせは事務局(tokachi.cheese@gmail.com)へ。

関連記事

室蘭民報

市橋さん考案「室蘭チップス」最優秀賞、地元海産物応援レシピ審査結果【室蘭】

 室蘭商工会議所、室蘭漁業協同組合が地元水産業の活性化に向けて実施した、料理レシピの審査結果がまとまった。最優秀賞には市橋麻子さんが考案した、季節の魚と野菜などに衣をつけてふんわり揚げた「室蘭チ...

室蘭民報

一口で食べる幸せ 「おいしいまんじゅうミニ」新発売、わかさいも本舗【洞爺..

 わかさいも本舗(本社・洞爺湖町)は、人気商品「おいしいまんじゅう」のミニサイズ版「おいしいまんじゅうミニ」を新発売した。同社は「『一口で食べる幸せ』をお楽しみください」とPRしている。  2...

十勝毎日新聞

清見100%のロゼ 今年も 淡いピンクに磨き めむろワイナリー【芽室】

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(町中美生、尾藤光一代表)の、2023年ビンテージ「たのしむ 清見ロゼ」(1本750ミリリットル、4950円)が完成した。5月1日から販売を開始する。 ...

十勝毎日新聞

こだわりコーヒー「商」学校で提供中 グリーンファイブ【帯広】

 コーヒー豆販売の「グリーンファイブコーヒー」(帯広市、鈴木孝直代表)は19日まで、帯広広小路内の帯広まちなか「商」学校(西2南8)に出店し、コーヒーを提供している。  同社は自家焙煎(ばい...

十勝毎日新聞

「MOGMOG&」からあげGP3年連続金賞【帯広】

 唐揚げ日本一を決める「第15回からあげグランプリ」で、テークアウト専門店「MOGMOG&(モグモグアンド)」(帯広市西16南4、岸田友恵代表)の「とかち×ザンギ」の豚丼風とゴボウ味が、金賞(東日本...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス