北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

給油設備を増強 新千歳国際線 年度内に完了

北海道エアポート(HAP、千歳市)は、管理・運営する新千歳空港の国際線駐機場で、埋設管給油方式のハイドラント設備の拡張を進めている。新型コロナウイルス流行の影響で、2020年3月下旬から国際線で定期便の運航ゼロが続いた中、再開後を見据えて2年がかりで基盤を整備してきた。国際線は6月にも再開する見通しだが、工事は今年度中に完了する予定で、HAPは「反転攻勢につなげたい」としている。

新千歳空港国際線駐機場でハイドラント設備の配管を埋設

 ハイドラント設備は、燃料を埋設した配管で送油し、地面の給油口から航空機に補給する、国内空港では一般的なシステム。新千歳も国内線で採用しているが、国際線はタンクローリーで燃料を運び、給油する旧来型が主流だった。駐機場の増設に伴い18年度、ハイドラント設備を3地点で初導入した。

 拡張整備は、旧来型で運用していた6地点。21、22年度に約10億5000万円を投じ、100%子会社の千歳空港給油施設が工事を進めている。直径約40センチ、肉厚12・7ミリの電気防食規格の鉄製配管約860メートルを地下2メートルの深さに埋設し、21年度は2地点、22年度は4地点の給油口を設けている。

 新千歳の国際線はコロナ前、インバウンド(訪日外国人旅行者)をはじめ需要が右肩上がりとなっていたため、航空機利用で混雑する駐機場での拡張整備も難しいと思われていた。しかし、コロナ禍で20年3月下旬から、国際線の定期便ゼロが続いたことで、皮肉にも整備が順調に進み、HAPは「国際線の現状を未来志向で活用している」と説明する。

 同設備の導入で▽給油時間の短縮▽給油車両の削減▽給油作業スタッフの人手不足解消―の効果を生み、コスト削減にもつながる見込み。給油時の安全面の向上や二酸化炭素の排出削減も期待でき、HAPは「将来に向けた基盤整備。増便の受け入れ体制強化にも寄与できる」と強調する。6月中に国際線が再開しても、給油口の半数は整備済みのため、工事には支障が出ない見通しで、12月までの完了、全面使用開始を目指している。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス