北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

給油設備を増強 新千歳国際線 年度内に完了

北海道エアポート(HAP、千歳市)は、管理・運営する新千歳空港の国際線駐機場で、埋設管給油方式のハイドラント設備の拡張を進めている。新型コロナウイルス流行の影響で、2020年3月下旬から国際線で定期便の運航ゼロが続いた中、再開後を見据えて2年がかりで基盤を整備してきた。国際線は6月にも再開する見通しだが、工事は今年度中に完了する予定で、HAPは「反転攻勢につなげたい」としている。

新千歳空港国際線駐機場でハイドラント設備の配管を埋設

 ハイドラント設備は、燃料を埋設した配管で送油し、地面の給油口から航空機に補給する、国内空港では一般的なシステム。新千歳も国内線で採用しているが、国際線はタンクローリーで燃料を運び、給油する旧来型が主流だった。駐機場の増設に伴い18年度、ハイドラント設備を3地点で初導入した。

 拡張整備は、旧来型で運用していた6地点。21、22年度に約10億5000万円を投じ、100%子会社の千歳空港給油施設が工事を進めている。直径約40センチ、肉厚12・7ミリの電気防食規格の鉄製配管約860メートルを地下2メートルの深さに埋設し、21年度は2地点、22年度は4地点の給油口を設けている。

 新千歳の国際線はコロナ前、インバウンド(訪日外国人旅行者)をはじめ需要が右肩上がりとなっていたため、航空機利用で混雑する駐機場での拡張整備も難しいと思われていた。しかし、コロナ禍で20年3月下旬から、国際線の定期便ゼロが続いたことで、皮肉にも整備が順調に進み、HAPは「国際線の現状を未来志向で活用している」と説明する。

 同設備の導入で▽給油時間の短縮▽給油車両の削減▽給油作業スタッフの人手不足解消―の効果を生み、コスト削減にもつながる見込み。給油時の安全面の向上や二酸化炭素の排出削減も期待でき、HAPは「将来に向けた基盤整備。増便の受け入れ体制強化にも寄与できる」と強調する。6月中に国際線が再開しても、給油口の半数は整備済みのため、工事には支障が出ない見通しで、12月までの完了、全面使用開始を目指している。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス