北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

なよろアスパラまつりにぎわう・グルメテイクアウト販売人気【名寄】

用意した旬のアスパラが飛ぶように売れて大盛況

 「2022なよろアスパラまつり」が、29日午前10時から「よろーな」駐車場で開かれた。今年は3年ぶりの会場開催となり、旬のアスパラを買い求めようと大勢の来場者が列をつくり、スタッフたちも大わらわだった。さまざまなグルメのテイクアウト限定販売もにぎわいを見せた。

 同まつり実行委員会(委員長・吉田肇なよろ観光まちづくり協会長)が主催。特産のアスパラを市内外へPRするとともに、駅前商店街のにぎわい創出へとつなげることを目的に開催し、市民に親しまれている。

 コロナ感染拡大の影響で2020年は会場開催を中止し、抽選でアスパラを当選者の指定した人にプレゼントする特別企画を実施。昨年はドライブスルーによる予約販売を予定していたが、緊急事態宣言が発令されたため、イベント自体が中止となった。

 今年は会場内での食事は禁止(水分補給は可能)、発熱や風邪といった体調不良の人は来場を控えることなど、感染防止対策を徹底し、3年ぶりの会場開催が実現した。

 例年のようなアトラクションは割愛したが、旬の名寄産アスパラの直売をメインにしながら、さまざまなグルメの売店によるテイクアウト限定販売が行われた。

 午前10時の開会前から会場外には大勢の人たちが集まり、開会とともに長い行列をつくった。その後も来場者が増え続けたため、当初の予定よりも30分早い午前10時半からアスパラの直売をスタートさせた。

 アスパラは2Lサイズで300キロ600袋、Lサイズで350キロ700袋を用意。1袋500グラムで、両サイズ合わせて1人5袋までの販売とした。価格は2Lサイズ1袋900円、Lサイズ1袋800円。1人で5袋を買い求める人も多く、アスパラが続々と飛ぶように売れて大盛況。実行委員会のスタッフたちもうれしい悲鳴を上げていた。

 また、食べ物の売店が並び、名寄市内や近隣市町村から11店舗(キッチンカー7店舗、テント4店舗)が出店。アスパラを使ったメニューをはじめ、さまざまな食材のグルメのテイクアウト限定販売が行われ、人気を集めていた。

関連記事

函館新聞

ピロシキ作り通じ多様な性知る 17日に食べる会【函館】

 函館市女性センター(東川町、原田菜摘館長)で17日、ピロシキ作りを通じ性の多様さなどさまざまなテーマで語り合う「ゲイの人と焼きピロシキを作って食べる会」(ゲイピロ)が開かれる。午前10時と午後...

函館新聞

旧函館区公会堂の保存修理記録映像が優秀賞【函館】

 国の重要文化財旧函館区公会堂(元町11)の保存修理の様子を記録した映像作品「文化遺産を守り継ぐ 重要文化財旧函館区公会堂 保存修理工事」(54分)が、東京で行われた映像作品コンクール「映文連ア...

網走タイムズ

野鳥から鳥インフル確認 斜里町ウトロ 継続発生で回収地区公表

 【網走】オホーツク総合振興局は、斜里町ウトロ西地区で回収されたハシブトガラスの死がいから検出された鳥インフルエンザは遺伝子検査の結果、高病原性だったと発表した。10月以降、野鳥から高病原性の鳥イン...

網走タイムズ

出来上がりに自信あり オリジナルレシピに挑戦 網走南小の5年生

 【網走】網走南小の5年生が、料理のレシピ作りと実際の調理に取り組んだ。児童は、網走市食生活改善協議会や市保健センターの協力を得ながら、自慢のオリジナルレシピを開発した。  同小5年生は「網...

日高報知新聞

「大学ってどんな所?」【浦河】

 浦河町教委主催の子ども未来サポート事業「大学ってどんな所?1日大学生体験ツアー」が3日、町内小学5年~中学2年までの13人が参加して札幌市内の北海学園大豊平キャンパスで開かれた。  この日は午前...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス