北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

なよろアスパラまつりにぎわう・グルメテイクアウト販売人気【名寄】

用意した旬のアスパラが飛ぶように売れて大盛況

 「2022なよろアスパラまつり」が、29日午前10時から「よろーな」駐車場で開かれた。今年は3年ぶりの会場開催となり、旬のアスパラを買い求めようと大勢の来場者が列をつくり、スタッフたちも大わらわだった。さまざまなグルメのテイクアウト限定販売もにぎわいを見せた。

 同まつり実行委員会(委員長・吉田肇なよろ観光まちづくり協会長)が主催。特産のアスパラを市内外へPRするとともに、駅前商店街のにぎわい創出へとつなげることを目的に開催し、市民に親しまれている。

 コロナ感染拡大の影響で2020年は会場開催を中止し、抽選でアスパラを当選者の指定した人にプレゼントする特別企画を実施。昨年はドライブスルーによる予約販売を予定していたが、緊急事態宣言が発令されたため、イベント自体が中止となった。

 今年は会場内での食事は禁止(水分補給は可能)、発熱や風邪といった体調不良の人は来場を控えることなど、感染防止対策を徹底し、3年ぶりの会場開催が実現した。

 例年のようなアトラクションは割愛したが、旬の名寄産アスパラの直売をメインにしながら、さまざまなグルメの売店によるテイクアウト限定販売が行われた。

 午前10時の開会前から会場外には大勢の人たちが集まり、開会とともに長い行列をつくった。その後も来場者が増え続けたため、当初の予定よりも30分早い午前10時半からアスパラの直売をスタートさせた。

 アスパラは2Lサイズで300キロ600袋、Lサイズで350キロ700袋を用意。1袋500グラムで、両サイズ合わせて1人5袋までの販売とした。価格は2Lサイズ1袋900円、Lサイズ1袋800円。1人で5袋を買い求める人も多く、アスパラが続々と飛ぶように売れて大盛況。実行委員会のスタッフたちもうれしい悲鳴を上げていた。

 また、食べ物の売店が並び、名寄市内や近隣市町村から11店舗(キッチンカー7店舗、テント4店舗)が出店。アスパラを使ったメニューをはじめ、さまざまな食材のグルメのテイクアウト限定販売が行われ、人気を集めていた。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス