北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

児童も感謝の田植え 「十勝晴れ」酒米作り【音更】

白木さんの指導の下、田植えを行う児童ら

 とかち酒文化再現プロジェクト(増田正二代表)は30日、地酒「十勝晴れ」の原料酒米「彗星(すいせい)」の田植えイベントを、町十勝川温泉地区の白木祐一さん(77)の水田で行った。今年は現体制で最後の酒米作りとなるため、各機関のトップらが苗を丁寧に植えていた。

 同プロジェクトでは2010年から産学官金などが連携して音更の米と水などを使った日本酒を醸造、販売してきた。ただ、高齢化などを理由に白木さんが主体的に米作りを担う体制は今年で最後とする方針を今春表明している。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、田植えイベントとして近隣の下士幌小(和嶋康彦校長、児童34人)も招き、公開して行うのは3年ぶり。水田の面積は約2.64ヘクタール。

 増田代表(帯信金相談役)や小野信次音更町長、帯広畜産大の長澤秀行学長、上川大雪酒造の塚原敏夫社長ら連携機関のトップらのほか、同小5、6年生9人も参加。6年の男子児童(11)は「今年最後と聞き、参加できてよかった」と笑顔。増田代表は「白木さんのご努力に感謝したい」と述べた。

 今年の収穫分の酒米は初めて、同酒造が帯畜産大内に設けた「碧雲蔵」で日本酒に醸造される予定。

関連記事

苫小牧民報

特殊詐欺 被害を撲滅 ラッパーユニット 歌で防犯呼び掛け 静内署

静内署の警察官2人によるヒップホップのユニットが24日に安平町内で開かれた2024年あびら女性の集いに出演し、自慢の歌声を通して特殊詐欺の被害撲滅を訴えた。  ユニットは、同署刑事・生活安全課...

苫小牧民報

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

十勝毎日新聞

映画「おしゃべりな写真館」公開3日間、異例の満席【帯広】

 鹿追を中心とする十勝で撮影が行われ、帯広市内のシネマ太陽帯広で23日に封切りされた映画「おしゃべりな写真館」(藤嘉行監督)が、25日までの公開3日間の上映全6回がいずれも満席となった。24、25...

十勝毎日新聞

動物園、夏冬とも入場増 1%増17万3807人 23年通年【帯広】

 おびひろ動物園(稲葉利行園長)は25日、冬季開園を終え、今年度の営業を終了した。夏季開園と合わせた219日間の来場者は17万3807人に上り、夏季、冬季とも前年度を超えた。  今年度の夏季...

十勝毎日新聞

産休前・後8週間 市議会、規定明記【帯広】

 帯広市議会運営委員会(石井宏治委員長)は22日、市議会会議規則に、議員の出産に伴う欠席に関する規定を具体的に定めることを決めた。現行の規則でも出産による欠席は認められているが、詳細に明記すること...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス