北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

朝市など観光地に活気 コロナ禍3年大型連休幕開け【函館】

観光客でにぎわう函館朝市駅二市場のイカ釣り掘り

 春の大型連休が29日スタートした。コロナ禍3年目のゴールデンウイーク(GW)は国による行動制限がない中での幕開け。函館市内はあいにくの肌寒い天候ながら、サクラが満開の五稜郭公園など観光スポットには、家族連れなどの大勢の来場者が見られた。ベイエリアや元町も朝から観光客でにぎわい、久々に活気をとり戻しつつある。

 屈指のサクラの名所である五稜郭公園は早朝から周辺の駐車場が満車、順番待ちの車列ができた。コロナ禍の規制により園内での飲食はできないため、来場者は立ち止まって桜を眺めたり、記念写真を撮るなど思い思いに花見を満喫していた。

 札幌から家族4人で来函した会社員の中橋忠さん(64)は「毎年GWに函館の桜を見に来ている。一昨年と昨年はコロナ禍で本当に人が少なかった。今年はかなりにぎわいが戻ってきていると感じる。コロナ以前と比べるとまだ少ないが、来年はまた以前のような活気があふれる状況を期待したい」と話していた。

 函館朝市の名物となっている駅二市場の元祖イカ釣り堀は、午前中から順番待ちができる盛況ぶり。釣ったイカはその場で調理し新鮮なイカ刺しを味わうことができるのが人気だ。

 家族4人でイカ刺しに舌鼓を打っていた日高管内新冠町の公務員・飛渡(とびわたり)安徳さん(44)は「函館観光は7年ぶりで、5歳と2歳の息子を連れて初めて来た。思ったより観光地に人が多いのに驚いた」。長男の湊太くん(5つ)は「子どもの国でショベルカーを動かすアトラクションが楽しかった。初めて挑戦したイカ釣りも面白かった」と笑顔を見せていた。

関連記事

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り」を...

苫小牧民報

学芸員が貴重な資料解説 市美術博物館で「あみゅー大博覧会」

苫小牧市美術博物館で3日、開催中の企画展「あみゅー大博覧会2022」を紹介するスライドトークが開かれた。市民らが自然史や考古に関する展示品への関心を深めた。  考古学専門の岩波連学芸員がパワ...

苫小牧民報

アイヌ文化体験企画 旅の思い出に 「界 ポロト」 白老

白老町若草町のポロト湖畔で営業する星野リゾートの温泉宿泊施設「界 ポロト」は、アイヌ文化体験企画「アイヌ伝統歌『ウポポ』を奏でるひととき」を週に2日、宿泊者向けに実施している。アイヌ民族が先人から...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス