北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

静内産米使用の「静内彗星」【新ひだか】

【新ひだか】静内産米彗星の純米吟醸酒「静内彗星」がこのほど完成し、しずない農協と観光協会、静内稲作振興会、町料飲店組合などで組織する新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕観光協会長)は、お披露目会を催した。今年で4年目の取り組み。

 「静内彗星」は昨年、静内豊畑の農業法人・豊穂(日蔭由昭代表)の水田35㌃で酒造好適米「彗星」を栽培して28俵分(1・68㌧)を収穫。醸造を上川管内上川町の酒造会社・上川大雪酒造に委託していた。

 製造場所は帯広畜産大キャンパス内の新たな酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」。酒は1200本製造。新しいラベルが貼られた純米吟醸「静内彗星」は、27日からAコープしずない店(静内田原463)と地酒と米のときわ(静内ときわ町3)、新ひだか観光協会(静内本町5)が運営管理する町観光情報センター「ぽっぽ」の3カ所で、瓶詰720㍉㍑、2090円(税込)で販売し、5月末までは1870円(税込)の限定価格で販売を開始した。

 同協議会の佐藤会長は、「非常に飲みやすく良い酒ができた。静内産の米で作った地酒をPRし、町を盛り上げていきたい」と話した。試飲した豊穂の日蔭代表は、「香りがすっきりして、最高の味」、地酒と米のときわの不動新作代表は「華やかな香りで、米のうま味が凝縮している」などと感想を話した。

「静内彗星」の新ラベルを付けて販売

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り」を...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス