北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

平和の鐘 市民文化ホールに 要望団体「思い共有するシンボル」 苫小牧市

苫小牧市は今年度、非核平和都市条例施行20周年を記念し、2026年に開設予定の市民文化ホール(仮称)に平和のシンボルとなる鐘を設置することを決めた。28日、設置を要望してきた市民団体に対し、岩倉博文市長が明らかにした。具体的な検討は7月以降、進める考えだ。

岩倉市長(左)に署名や寄付金を提出する「命と平和の鐘設立を願う苫小牧市民の会」のメンバー

 鐘の設置運動を進めてきたのは、「命と平和の鐘設立を願う苫小牧市民の会」(出雲路英淳、森山弘毅共同代表)。平和運動に取り組む市民団体「ぴーすぷろじぇくと苫小牧」の呼び掛けで昨年4月に発足した。個人、団体から署名や設置資金に充てる寄付金を集めを続け、昨年11月、市に設置を求める要望書を提出した。

 同日、森山共同代表ら4人が市役所を訪れ、6150筆の署名と112万504円の募金を市に提出。改めて設置を求めた。岩倉市長は同条例施行20周年記念事業の一環で、市としても平和の鐘設置を計画していると説明。市内外から多くの人が集まる市民文化ホールに置く考えを示した。

 デザインや規模など具体的な検討を進める検討委員会の設置へ、6月の定例市議会に補正予算案を提出する方針も明らかにした。議会の承認を得られれば、市職員や鐘の設置運動に取り組んできた市民団体のメンバーから成る検討委を立ち上げ、7月ごろから検討作業に入りたい考えだ。

 岩倉市長は「同条例施行20周年やウクライナ情勢などにより、今年度は平和の尊さをより感じる一年。この年に設置を決断した鐘が次世代まで残り、一人でも多くの人に触れてもらえれば」と述べた。

 森山共同代表は「市民の声を受け止めてもらえ感謝の気持ちでいっぱい。道内で唯一の条例を誇りに感じる人が、思いを共有するシンボルとなるのでは」と期待を込めた。

 同会の要望活動はこれで終了するが、より多くの思いが詰まった鐘になるよう、募金活動は継続する考え。出雲路共同代表は「市民がみんなで作ったんだという実感を持てるよう、引き続き広く協力を呼び掛けたい」と話している。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス