北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

GW 活気の幕開け コロナ禍 3年ぶり行動制限なし【十勝】

 春の大型連休が29日、スタートした。新型コロナウイルス発生から3度目を迎え、今年は緊急事態宣言やまん延防止等重点措置といった国からの移動制限が掛からない初めての連休。空の便や都市間バスは東京・札幌方面から久々の帰省や観光地に向かう人々で混雑。動物園など地元の行楽地も好天の下、親子連れらでにぎわいを見せた。

キリンと再会 笑顔おびひろ動物園

行楽日和の中、多くの家族連れらでにぎわう動物園

 おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、柚原和敏園長)は午前9時に夏季営業がスタートした。行楽日和となり、園内には動物たちとの“再会”を楽しむ子どもたちの歓声が響いた。

 午前11時の帯広の最高気温は15.1度。開園直後から続々と家族連れが訪れ、獣舎内を歩き回るトラや今季仲間入りしたベニコンゴウインコを観賞したり、遊具に乗ったりして連休初日を満喫していた。高文連十勝支部の写真撮影会もあり、11校の約130人の生徒が動物たちにカメラを向けシャッターチャンスを狙っていた。

 十勝では新型コロナの新規感染者の高止まりが続く。帯広市の細川みさとさん(34)は長男(2)、次男(11カ月)と来園し「母親が医療従事者で連休中も実家(根室管内中標津町)には帰れないので、動物園や近場の公園で遊びたい」と話していた。

 柚原園長は「サクラも見頃なので、感染対策をして来園してもらえれば」とPR。コロナ対策のため恒例の開園セレモニーは昨年に続いて中止とし、GW期間中は動物との触れ合いも行わない。

予約率90%超 帯広空港

大きな荷物を手に続々と到着ロビーに出てくる観光客ら

 とかち帯広空港では29日、東京(羽田)発の便に搭乗した観光客や帰省客らが、大きな荷物を抱えて朝早くから続々と到着した。

 一部航空会社はコロナ禍で計画運休を行っていたが、28日から平常通り運航。29日は東京から7便が帯広に到着し、座席の予約率はいずれも90%を超えた。

 午前8時半ごろ、山口県山口市から訪れた搭乗客は、静岡県などに住む親族や兄弟と空港で合流し、十勝に住む親戚宅に3泊4日する予定。コロナ禍で外出を自粛していた期間もあって、親戚が一堂に会するのは5、6年ぶり。「競馬場、十勝川温泉などを巡る予定。十勝を満喫したい」と話していた。

 また、恋人の両親へのあいさつのため、神奈川県相模原市から恋人と一緒に帯広を訪れた牧田晃さん(28)は、「初めての北海道旅行でもあり緊張している。帯広名物を味わいたい」と話していた。

 同日は午前中を中心に札幌-帯広間の都市間バスで満席が目立った。特急列車は下りで一部混雑。道東道は正午現在、渋滞の情報はない。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス