北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「65歳を区切りに」 30日閉院 いしだ内科【帯広】

「65歳が引き際。皆さまに感謝したい」と話す石田理事長

 帯広市内のいしだ内科・循環器科(西24南3、石田宏之理事長)が、30日で閉院する。開院から25年。患者の日常的な健康問題に対応し、現在の総合診療科としての役割も担うなど、地域住民の健康を見詰めてきた。65歳を医師としての一つの引き際と考えていた石田理事長(66)は、「勤務医では体験できないことをさせていただいた。皆さまに感謝したい」と話す。

 石田理事長は幕別町出身。幕別小、幕別中、帯広柏葉高、札幌医大卒。アメリカ留学、留萌市立病院や帯広協会病院勤務を経て、1997年2月に開業した。

 西帯広地域が新興住宅地として発展する中、当時は医療機関が少なかった。そのため、「患者さんが途切れなかった」と振り返る。

 専門は循環器内科だが、開業後は「(内科以外の)さまざまな症状を訴える患者さんも訪れた」。医院の2階が自宅となるため、「時間や曜日に関係なく、急患も来院した」。慌ただしい日々を送る中でも、町医者として患者と対等な関係を築くことに心を砕いた。

 「勤務医やサラリーマンは65歳で定年。自分も同じ時期に…」。5年ほど前から引き際を考えていたという。年齢を重ねるたびに、ミスが許されない毎日の診療の対応が「肉体的に厳しくなってきた」とも話す。

地域医療を支えてきたいしだ内科・循環器科

 石田理事長は現在も紙カルテを用いる。患者との対話を第一に、顔色や声色、しぐさなど、一人一人の特徴を記入すると同時に、自らの“頭のメモ”にもとどめた。「昔は記憶力がしっかりしていたが、この1、2年は厳しかったね」。年を重ね、患者に迷惑を掛けまいと閉院を決断した。

 閉院が近づくにつれ、患者から「まだ続けて」との声が多く寄せられる。ふるさと十勝の地域医療に携われたことに感謝の言葉も述べながら、「区切りを付ける時が来ただけ」と、自らの決断に理解も求める。

 新型コロナウイルスの感染拡大など、開業時とは医療の環境は異なっている。「いまは、病院と医院・クリニックの機能がしっかりと分かれている。病状や症状に応じて受診していただくことが、地域の医療を守る形になる」とも話す。

関連記事

日高報知新聞

自分だけのクリスマスツリー【浦河】

 浦河町立堺町小と浦河町教委共催のPTA親子ふれあい事業「臨床美術でクリスマスツリーをつくろう」が4日、同校体育館で開かれ、PTA役員や同校に在籍する親子ら26人が参加して自分だけのクリスマスツリー...

日高報知新聞

1万2千個のLEDトンネル【新冠】

【新冠】町青年団体連絡会議による毎年恒例の「イルミネーションフェスタ2022」が3日、レ・コード館で開かれ、館内の大型クリスマスツリーが点灯され、同時に同館前に設置された約1万2千個のLEDが付い...

釧路新聞

厚岸の食材ふんだんに 豊かな海づくり大会用弁当試食【厚岸】

 【厚岸】来年9月17日開催の「第42回全国豊かな海づくり大会北海道大会in厚岸町(同大会推進委、同北海道大会実行委主催)」では、全国からの来場者約1000人に、地元の食材をふんだんに盛り込んだ...

釧路新聞

「つなぐ道」若い感性光る 臨港鉄道跡地など撮影 16日まで写真展【釧路】

 くしろ元町青年団(菊池吉史団長)が主催する「つなぐ道」写真展が5日から、釧路市役所防災庁舎1階ロビーで始まった。釧路出身のフォトジャーナリスト、長倉洋海さんと釧路の中高生ら25人が、かつて石...

網走タイムズ

氷上の熱戦 優勝賞金は10万円 網走湖ワカサギ釣り大会

 【網走】網走の冬の風物詩の1つ「氷上ワカサギ釣り」を競技にした全国的にも珍しい「ワカサギ釣り選手権大会」(実行委主催)の参加者を募集している。  網走ならでの冬体験の1つ「ワカサギ氷下釣り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス