北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「65歳を区切りに」 30日閉院 いしだ内科【帯広】

「65歳が引き際。皆さまに感謝したい」と話す石田理事長

 帯広市内のいしだ内科・循環器科(西24南3、石田宏之理事長)が、30日で閉院する。開院から25年。患者の日常的な健康問題に対応し、現在の総合診療科としての役割も担うなど、地域住民の健康を見詰めてきた。65歳を医師としての一つの引き際と考えていた石田理事長(66)は、「勤務医では体験できないことをさせていただいた。皆さまに感謝したい」と話す。

 石田理事長は幕別町出身。幕別小、幕別中、帯広柏葉高、札幌医大卒。アメリカ留学、留萌市立病院や帯広協会病院勤務を経て、1997年2月に開業した。

 西帯広地域が新興住宅地として発展する中、当時は医療機関が少なかった。そのため、「患者さんが途切れなかった」と振り返る。

 専門は循環器内科だが、開業後は「(内科以外の)さまざまな症状を訴える患者さんも訪れた」。医院の2階が自宅となるため、「時間や曜日に関係なく、急患も来院した」。慌ただしい日々を送る中でも、町医者として患者と対等な関係を築くことに心を砕いた。

 「勤務医やサラリーマンは65歳で定年。自分も同じ時期に…」。5年ほど前から引き際を考えていたという。年齢を重ねるたびに、ミスが許されない毎日の診療の対応が「肉体的に厳しくなってきた」とも話す。

地域医療を支えてきたいしだ内科・循環器科

 石田理事長は現在も紙カルテを用いる。患者との対話を第一に、顔色や声色、しぐさなど、一人一人の特徴を記入すると同時に、自らの“頭のメモ”にもとどめた。「昔は記憶力がしっかりしていたが、この1、2年は厳しかったね」。年を重ね、患者に迷惑を掛けまいと閉院を決断した。

 閉院が近づくにつれ、患者から「まだ続けて」との声が多く寄せられる。ふるさと十勝の地域医療に携われたことに感謝の言葉も述べながら、「区切りを付ける時が来ただけ」と、自らの決断に理解も求める。

 新型コロナウイルスの感染拡大など、開業時とは医療の環境は異なっている。「いまは、病院と医院・クリニックの機能がしっかりと分かれている。病状や症状に応じて受診していただくことが、地域の医療を守る形になる」とも話す。

関連記事

日高報知新聞

花壇も生徒も明るく 浦河第一中 チューリップが見ごろ【浦河】

 浦河第一中(水上義則校長、生徒数177人)の前庭の花壇で、色鮮やかなチューリップが見ごろを迎え、登下校や屋外活動の生徒たちを明るい気持ちにさせている。  前庭花壇のチューリップは、例年だと...

日高報知新聞

鯉のぼり「大きい!」 雛菊保育園に保護者が寄贈 春風受けて空を泳ぐ【浦河】

 浦河町潮見町の雛菊保育園(本巣雄介園長、園児39人)では5月5日のこどもの日を前に、地域の人から贈られた鯉のぼりが春風を受けて元気に泳いでいる。  同園が所有する鯉のぼりが古くなり痛みも激し...

釧路新聞

シマフクロウのひな1羽誕生 釧路市動物園【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は23日、シマフクロウのアオイ(雌、2019年生まれ)とR黄(アールき)(雄、18年生まれ)の間に1羽のひなが生まれたと発表した。同園では32卵目、同つがいにとっては...

釧路新聞

トキシラズ初水揚げ 定置網漁、市東部漁協「今後に期待」【釧路市】

 春のサケ・マス定置網漁が解禁となり、釧路市東部漁協で24日、高級食材として知られるトキシラズ(回遊中のシロザケ)などが初水揚げされた。  釧路管内の定置網漁は21日に解禁。同漁協では同日から網...

十勝毎日新聞

危険運転トラえる! おびひろ動物園 マオ、「広報官」に任命【帯広】

 帯広署(工藤博光署長)は23日、おびひろ動物園(稲葉利行園長)のアムールトラ「マオ」(雌、13歳)を「交通死亡事故抑止広報官」に任命した。危険な運転者を「捉(トラ)」え、交通死亡事故ゼロに「トラ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス