北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝のまちづくりに影響力 かちまいホームセンター40周年【音更】

 十勝での移動型住宅展示場「かちまいホームセンター」が、開始から今年で40周年を迎えた。これまで52次まで実施し、累計で648棟の北方型住宅を提案。寒暖差がある十勝での快適な暮らしに向け、各社が切磋琢磨(せっさたくま)し技術力の向上に努めたほか、帯広市内と近郊3町のまちづくりにも大きな影響を与えた。

 同事業は、管内外の住宅メーカーで構成するかちまいホームセンターと十勝毎日新聞社が主催。造成地に参加メーカーが特長を生かした住宅を建設し、一定期間展示した後に販売、別の場所に移動する方式。

 スタートは1982年6月。帯広市西19南4の青田団地(22.2ヘクタール)の一角に11棟のモデル住宅を建設、披露された。関係者によると、当時、人口10万人台の都市での複数メーカーによる常設展示場の展開は、特に地場事業者にとってビジネス性などの面で難しいとされていたが、青田では2年間開催し、計約10万人が来場した。

 第2次の自由が丘会場(市内西19南6)は、モデルハウス全棟温泉付きが話題に。第3~10次は北方圏モデル住宅団地「西帯広ニュータウン」の核として、5年間展開。第11次はチロットニュータウン会場(幕別町札内青葉町)と、初めて帯広以外で開催された。

 1年に2カ所行う年もあるなど帯広や近郊3町で活発にモデル住宅造成・販売を展開。音更町ひびき野地区では第29、30、32次と3回行ったが、帯広に近い好立地という条件もあり、約47.5ヘクタールの用地に1000戸あまりが建設される管内有数の住宅街に。市内稲田下川西地区を中心とした「清流の里」も8回に渡り展開。「大規模区画での住宅販売の促進につながった」との声も聞かれる。

 技術的には、99年の第28次で国の次世代省エネ基準クリアやオール電化住宅など当時の最新技術を取り入れたモデルハウスが登場。近年では11年の第46次のeco電化タウンで道内で初めてモデルハウス全10棟でヒートポンプ型給湯システムを採用し、話題となった。

関連記事

苫小牧民報

練習成果はつらつと 白老町元気まちねんりんピック

60歳以上の町民によるスポーツと文化の祭典、第25回白老町元気まちねんりんピック(町教育委員会主催)が20日、町中央公民館で開かれた。3人1チームで競う町発祥の屋内スポーツ「ゲーリング」など5種目...

苫小牧民報

電子工房 静かな人気 コミセンでユニーク工作 苫小牧

苫小牧市住吉コミュニティセンター(住吉町)を会場に開かれている電子工作教室「1日電子工房」が、静かな人気だ。「工作して楽しく使う」をモットーに、電子回路の技術者として働いてきた森井拓さん(59)=...

十勝毎日新聞

「看板猫」注目スポット紹介 2月22日は猫の日【十勝】

 2月22日はニャンニャンニャンで「猫の日」-。愛猫家たちが集まる温泉宿や喫茶店、SNSでバズるスイーツなど、十勝管内でも猫好きの人注目の場所や商品を紹介する。 客室にも出入り 5匹気ままに 足...

十勝毎日新聞

おしゃれ楽しんで 景井ひなさん「かちコレ」で24日トークショー【帯広】

 ファッションと美容・健康の複合イベント「かちコレ2024」(24、25日。ベルクラシック帯広)で、TikTokクリエーター・タレントの景井ひなさん(25)がトークショーを行う。トークショーは、2...

十勝毎日新聞

自動運転バス「ゆっくり、安心」 児童が近未来体感【上士幌】

 上士幌小学校(山田圭介校長、児童221人)の5年生26人が20日、SDGs(持続可能な開発目標)を学ぶ授業で、自動運転バスの試乗会に参加した。児童はバスのスムーズな走行を体験し、近未来の到来を肌...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス